久家の書 第06話

パク・ムソル死す

『久家の書』第06話

ガンチを庇い、切られるパク・ムソル。
ガンチの腕に倒れこみ、『私の息子よ』と最後の言葉を交わすのでした。

怒りが込みあげ、われを失ったガンチは、チョ・グァヌンに襲いかかります。
その時、ガンチの瞳が青く光ると、突風が吹き荒れ、風が止むとともに、ガンチの姿も消えるのでした...。

パク・ムソルの死後、家族は、反逆者の罪に問われる事に。


「引用」:チョ・グァヌンの蛮行に怒り心頭を発するガンチだが、1人で刃向かおうとするガンチに刺客が刀を向け、ガンチをかばったパク・ムソルが非業の死を遂げる。 
via:KNTV 九家(クガ)の書(原題) 第6話

スポンサードリンク


目次

ガンチの過去が明らかに

村人達は悲しみ、百年客館から連行されるパク・ムソルの遺体を、最敬礼で見送るのでした。

しかし、テソは尋問を受け、打ち首の刑に...。ユン氏とチョンジョは官奴と官妓として売られる事になります。

さらに、行方が分からないガンチは、パク・ムソル殺害の犯人に仕立て上げられるのでした。
一方、ソジョン法師に助けられたガンチは、月光庭園で目覚めます。

そこで、母親の遺言を、聞くのですが『捨てた母より、百年客館の家族が大事だ』と言い、危険を承知で家に戻ります。

ヨウルもまた、ガンチを心配し探しにくるのでした。

ガンチの変化が気になるチョ・グァヌンは、生け捕りにするよう命令し、テソ達を助けにくる時を狙って、罠をしかけます。

ガンチの育ての親パク・ムソルが非業の最期を遂げてしまいます。グァヌンの悪行には全く腹が立ちます。神獣のしての覚醒が近いガンチ、そしてバラバラになって行く百年客館の家族たち・・・この危機にガンチはどう立ち向かうのか

関連ページ

公式及び参考サイト

スポンサードリンク

久家の書(Gu Family Book)公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『久家の書』
久家の書」は、1半人半獣(半分が人、半分が獣)として生まれたチェ・ガンチが、人間になるために孤軍奮闘する物語で、言わば「男性版九尾狐(クミホ)」とも言えるドラマです。

公式サイト

【PR】九家の書~千年に一度の恋~DVD SET1



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


全ての記事一覧