久家の書 第07話

ガンチの腕輪が外れ神獣の姿に

『久家の書』第07話

テソを救い出したガンチは、待ち受ける兵士に囲まれるのでした。
危機一髪の所で、ヨウルに助けられたガンチ達は、テソを隠して、囮になります。
山の中に逃げたガンチヨウル
敵に囲まれたガンチは、腕輪を切られてしまうのです。すると、ガンチの体に異変が現れ、神獣にの姿に。

「引用」:ヨウルは、半分神獣になったガンチが敵を皆殺しにする様子を見て、その場から逃げ出す。 そして、父親タム・ヒョンジュンに、自分が見たガンチの姿を話すのだった。 
via:KNTV 九家(クガ)の書(原題) 第7話

スポンサードリンク

ニュース!


目次

自暴自棄になるガンチ。

我を忘れ戦うガンチは、敵を一瞬で倒してしまい、チョンジョの名を呼びながら、気を失うのでした...。
一方、ガンチの助けを待つチョンジョは、春花館に連れて行かれます。
しかし、妓生になる事を嫌がり抵抗するのでした。

妓楼の行首リョンは、木に縛り付けるよう命令すると、20年前のソファを思い出します。

一方、森での出来事を見ていたヨウルは、動揺しながらも山を降ります。
父である、タム・ピョンジュンにガンチの異変を報告する事に。

一方、ガンチは、今までの出来事が信じられず動揺します。
自分が、神獣と人間の子供だと知ったガンチは、元の体に戻りたいと、ソジョン法師に懇願します。

ソジョン法師が食事を運んでも、口にしようとしないガンチを、ヨウルが平手打ちに。
『外見が変わっても、ガンチはガンチだ』と、励ますのでした...。

ついに神獣として覚醒したガンチ。スーパーパワーを見せつけるガンチにヨウルはショックを受けますが、ガンチも激しく動揺しています。やがてガンチの事を受け入れる事ができたヨウルは頼れる味方になるのでしょうか?

関連ページ

公式及び参考サイト

スポンサードリンク

久家の書(Gu Family Book)公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『久家の書』
久家の書」は、1半人半獣(半分が人、半分が獣)として生まれたチェ・ガンチが、人間になるために孤軍奮闘する物語で、言わば「男性版九尾狐(クミホ)」とも言えるドラマです。

公式サイト

【PR】九家の書~千年に一度の恋~DVD SET1



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


全ての記事一覧