久家の書 第10話

幼き日の少女を思い出すガンチ

『久家の書』第10話

パク・ムソルの隠し財産を運び出す計画を実行するガンチ達は、公明館に忍び込みます。

高熱があるのに計画に参加したタム君は、ふらつきガンチに支えられます。
男だと思っていたタム君が、女だと気づくガンチ

タム君の名前が、ヨウルだと知り、幼い日の出来事を思い出し、今までのタム君の言葉の謎が解けるのでした。。

一方、隠し扉を発見したソ副官は、チョ・グァヌンに報告の為、春花館に出向きます。


「引用」:ソ副官は部屋の中を怪しみ入り込んでくるが、間一髪でガンチとヨウルは壁の後ろにある隠し部屋に隠れる。 しかしよろけたヨウルを支えようとしたガンチの手はヨウルの胸をつかんでしまう。 慌てふためるガンチとヨウル。 
via:KNTV 九家(クガ)の書(原題) 第10話

スポンサードリンク

ニュース!


目次

隠し財産はイ・スンシンの元に

春花館では、チョ・グァヌンが、チョンジョを側に置きながら酒宴を楽しみます。

スリョンの計らいで、強い酒を出すことに。


屈辱に耐えるチョンジョを見つめながら、ソファの面影をみるチョ・グァヌンは、酔い潰れるのでした。


翌朝、ソ副官に隠し部屋の在処を知ったチョ・グァヌンでしたが、ガンチに、五千両の銀子を運び出されるのです。


まんまと騙されたチョ・グァヌンは激怒し、テソを使い、イ・スンシンの計画を探ることに...。


ついにヨウルが女だったと知ったガンチ、幼い日の記憶が蘇ります。

妓生となったチョンジョが、憎きチョ・グァヌンを酔い潰す間、ガンチは隠し資金をまんまと外へ運び出すことに成功。グァヌンを出し抜いたのは痛快でした。

関連ページ

参考とした情報サイト

スポンサードリンク

久家の書(Gu Family Book)公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『久家の書』
久家の書」は、1半人半獣(半分が人、半分が獣)として生まれたチェ・ガンチが、人間になるために孤軍奮闘する物語で、言わば「男性版九尾狐(クミホ)」とも言えるドラマです。

公式サイト

【PR】九家の書~千年に一度の恋~DVD SET1



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


全ての記事一覧