久家の書 第12話

神獣の姿に驚くチョンジョ

『久家の書』第12話

テソの裏切りにより、チョ・グァヌンの手下に追いつめられたガンチ
腕輪を外され、神獣の姿に変身するのでした。
襲いかかるテソは、ガンチに傷つけられ、チョンジョの叫び声に、ガンチは我にかえります。
気を失ったチョンジョと、月光庭園に逃げ込むガンチでしたが、神獣の姿を受け入れられないチョンジョは、逃げだします。
道も分からず彷徨っていると、チョ・グァヌンの手下に捕まるのでした...。

「引用」:ガンチを殺しに来たのだというテソ。そしてテソはチョンジョの見ている前でガンチの腕輪を外してしまう。 半獣の姿になったガンチは、刀を向けたテソにケガを負わせる。 驚いたチョンジョはガンチを遠ざけようとする。そして追っ手に害を与えてしまう。 
via:KNTV 九家(クガ)の書(原題) 第12話

スポンサードリンク

ニュース!


目次

ヨウルに安らぎを感じるガンチ

腕輪を探しに、無形道館に現れ神獣の姿を見られるガンチは、仲間に刀を向けられます。

止めに入ったヨウルが、ガンチの手を握ると元の姿に。
ヨウルの手の温もりに、安らぎを感じるガンチは、再び人間になりたいと思うのです。

一方、チョ・グァヌンに捕まったテソは、牢獄に入れられ、兄を人質にされたチョンジョは、チョ・グァヌンと一夜を過ごす事に。

妹を守れなかった、テソは自暴自棄になり『父のようになりたかった』と泣き崩れるのでした...。

刺客となったテソに封印の数珠を外され神獣に変身したガンチ、チョンジョはその姿を見て混乱しガンチの許から逃亡。しかし、悲惨な出来事が待っていました。なんとも哀れです。
一方、封印の数珠が外れたガンチの腕をヨウルが優しく握ると人間の姿に!なんとも不思議です。

関連ページ

参考とした情報サイト

スポンサードリンク

久家の書(Gu Family Book)公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『久家の書』
久家の書」は、1半人半獣(半分が人、半分が獣)として生まれたチェ・ガンチが、人間になるために孤軍奮闘する物語で、言わば「男性版九尾狐(クミホ)」とも言えるドラマです。

公式サイト

【PR】九家の書~千年に一度の恋~DVD SET1



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


全ての記事一覧