久家の書 第16話

対立する二人

『久家の書』第16話

ついに、ウォルリョンを見つけたガンチでしたが、逆に襲われるのでした。

『人間など信じるな』と言うウォルリョンに、『一人では生きていたくない』と反論します。

そこに、コン・ダル先生が現れると、忠告通り襲いかかるウォルリョン
とっさに反撃するも、コン・ダル先生は致命傷を負うことに。

ガンチが、自分の血で手当てをしている所に駆けつけた、タム・ピョンジュン達は誤解するのでした。


「引用」:ウォルリョンは人間を絶対に信じてはいけない、1日も早く人里を離れろ、「九家の書」を探すのをやめたら命だけは助けてやると言う。 2人がそんな押し問答をしていると、コンダル先生がやってきて、ウォルリョンをたしなめようとする。 
via:KNTV 九家(クガ)の書(原題) 第16話

スポンサードリンク


目次

ヨウルが大切な人に

百年客館に住み、内情を探るテソでしたが、宮本の団主に見つかります。

そこで、団主は、チョ・グァヌンとの関係を尋ねます。妹の為だと言うテソに、『百年客館を取り返したいか?』と尋ね、条件をのめば可能だと微笑むのでした。

一方、巷で起きてる怪奇殺人は、人間ではないガンチの仕業だと噂が流れます。

噂の元は、イ・スンシンを陥れる為に、チョ・グァヌンが流したものでした。
そして、民衆の前で、ガンチに腕輪を外すよう詰め寄ります。

しかし、神獣に変身しないガンチ。噂が嘘だと言う証拠だと言い、立ち去るのでした。

ガンチは、ヨウルが側にいると、自分の感情を調整出来る様になっていたのです。

ついにガンチとグアンリョルの親子が対峙します。人間を信じるなというウォルリョンに抵抗するガンチ。二人の心の溝は埋まる時が来るのでしょうか?

関連ページ

参考とした情報サイト

スポンサードリンク

久家の書(Gu Family Book)公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『久家の書』
久家の書」は、1半人半獣(半分が人、半分が獣)として生まれたチェ・ガンチが、人間になるために孤軍奮闘する物語で、言わば「男性版九尾狐(クミホ)」とも言えるドラマです。

公式サイト

【PR】九家の書~千年に一度の恋~DVD SET1



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


全ての記事一覧