久家の書 第20話

ソファの復讐

『久家の書』第20話

側近ピルモクの忠告を聞かず、チョ・グァヌン暗殺を指示するソファ。
あと一歩のところで、しくじるのでした。

また、ピルモクがチョ・グァヌン側に寝返った事で、ただただ憤りを感じる事に。

一方、ソ副官から、ウォルリョンの話を聞いたチョ・グァヌンは、ソファに追い打ちをかけるべく、策を投じるのです。

記憶を失いつつあるウォルリョンに、全てソファのせいだと思い込ませるのでした。


「引用」:テソは宮本に団主に自分ができることは何かと質問する。 宮本の団主はチョ・グァヌンを殺すために刺客を送るが、間一髪のところでソ副官が帰ってきて刺客を殺してしまう。 
via:KNTV 九家(クガ)の書(原題) 第20話

スポンサードリンク

ニュース!


目次

ソファの本心に触れ...。

千年悪鬼になった父親を、殺さなければならないガンチを、不憫に思うタム・ピョンジュン。

そんな事になった原因は自分にもあるので、刀を渡し『殺すつもりで向かってこい』とガンチをけしかけるのでした。

一方で、ソファの元を訪れたヨウルは、ソファの本心を聞き心を痛めます。
頑なに母親の事を理解しようとしないガンチに『母親は今でも苦しんでいる。』と説得し、二人はソファに会いに行くのでした...。

しかし、ソファは、帰りの道中で、刺客に襲われる事に。

ガンチとピョンジュンの真剣勝負、ガンチの優しさが時には仇となる事を教えたかったようです。そして怨んでいた母親の本心を知ったガンチ、自分が母親だと告白したソファ、涙なしでは観れないシーンでした。そして母親を守る為に、ウォルリョンの前に立ちはだかるガンチの運命はいかに・・・。

関連ページ

参考とした情報サイト

スポンサードリンク

久家の書(Gu Family Book)公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『久家の書』
久家の書」は、1半人半獣(半分が人、半分が獣)として生まれたチェ・ガンチが、人間になるために孤軍奮闘する物語で、言わば「男性版九尾狐(クミホ)」とも言えるドラマです。

公式サイト

【PR】九家の書~千年に一度の恋~DVD SET1



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


全ての記事一覧