九家の書24話

悲しき現実

『久家の書』第24話

ヨウル達を救う為に、囮になったイ・スンシンを、銃口が狙っているのでした。

イ・スンシンを護衛するガンチは『今日がお前の最後だ』と言うと、不敵な笑みを浮かべるチョ・グァヌン。

その時、銃声と共に、ヨウルがガンチの腕に倒れこみます。
ガンチを庇い打たれるのでした。

怒りで神獣に変身するガンチは、ソ副官を襲います。
しかしイ・スンシンに、復讐をするなと止められますが、聞く耳を持ちません。

そこに、ヨウルのガンチを呼ぶ声が、聞こえるのでした。


「引用」:イ・スンシンを殺そうと企んでいたチョ・グァヌンは部下に銃でイ・スンシンを狙わせるが、異様な雰囲気にいち早く気づいたヨウルは、ガンチをかばい銃で撃たれてしまう。 ヨウルを失ったガンチは怒りで神獣に姿を変えてしまう。 
via:KNTV 九家(クガ)の書(原題) 第24話

続きを読む