青い海の伝説 あらすじ 8話 感想(チョン・ジヒョン、イ・ミンホ)

青い海の伝説8話では、同じ人魚で女性を愛したチョンフンが亡くなってしまいます。悲しむその愛された女性をみたシム・チョンは胸の痛みを感じるようになりました。そして傷ついたジュンジェをみたシム・チョンは・・・。

前回のあらすじ・・・

ついにダムリョンセファに告白します。

その言葉を確かめる為に、シム・チョンダムリョンに愛してると囁きシム・チョンはある作戦を実行したのでした・・・。

ドラマはどんな展開となるのでしょうか?

あらすじにはネタバレが含まれますのでご注意ください。

[スポンサーリンク]


好きになる予定?

現代。

人魚の姿をしたまま、プールで目が合ってしまったジュンジェシム・チョンでしたが、何とか本当の姿を見られることなく無事に乗り切ることができました。

ジュンジェは以前発掘された壺の絵に関して、自分の夢の記憶と関係していることが気がかりになります。

国立中央博物館保存科学センターの教授が催眠療法を試みると、そこには人魚であるシム・チョンの姿が映りました。

シム・チョンと会っている消防隊員(チョンフン)は急に胸の痛みに覚えます。

チョンフンもまた、人間の女性との失恋を経験し、海に戻れずにいました。

チョンフンは女性と別れて2か月ほど。

シム・チョンはその時、自分の未来を悟ることになります。

シム・チョンジュンジェに自分のことを好きになる予定があるか尋ねました。

しかし、ジュンジェは全くないと即答してしまいます。

シム・チョンは自分のことを愛する計画ができたら必ず教えるようジュンジェに話しました。

同じ27歳?

その後、シム・チョンジュンジェにまとわりつくようになります。

2人は図書館へ行くと、そこでダムリョンの過去について知ることになりました。

そこには師走の11日に27歳の若さで亡くなったと書かれていました。

27歳というと、ジュンジェと同じ年齢だったのです。

[スポンサーリンク]

一方でシム・チョンは人魚姫を読んで涙していました。

海に戻る決意

場所は変わって消防署。

シム・チョンがチョンフンに会いに行くと、チョンフンが亡くなったことを知らされます。

彼の遺物には昔愛した女性(キム・ヘジン)の連絡先とプレゼントがありました。

そこに連絡を受けたキム・ヘジンがやって来ます。

彼女の悲しむ姿を見たシム・チョンは胸の痛みを感じるようになります。

待ち合わせでモールに来ていたジュンジェは、胸の痛みを覚えたシム・チョンを迎えに行こうとしました。

しかし、そこにマ・デヨンの攻撃が待っています。

ジュンジェはスプレーで撃退し、ライターでその顔を照らしました。

すると、夢の中で見たヤン氏と重なります。

何とか逃げることに成功したジュンジェは、シム・チョンの元へ向かいました。

一方でシム・チョンは、傷ついたジュンジェの姿を見て海に帰ることを決心します。

しかし、そこでジュンジェシム・チョンを好きになる計画があると話しました。

「青い海の伝説」 8話 【感想】

チョンフンの死をきっかけに、シム・チョンの心が揺れ動く様が見事に描かれています。

また、マ・デヨンとの悪縁もまだ続くようで、これからも一難ありそうですね。

シム・チョンの残された時間も短くなってきていて、早くジュンジェがシム・チョンを愛するようになってほしいと期待しています。

主なキャスト(登場人物):プロフィール

  • イ・ミンホホ・ジュンジェとキム・ダムニョン役):過去は両班、現在は頭の良い詐欺師
  • チョン・ジヒョンシム・チョンとセファ役):絶滅直前の地球上の最後の人魚
  • イ・ジフンホ・チヒョン役):ジュンジェの戸籍上の兄
  • ファン・シネカン・ソヒ役):ジュンジェの継母でチヒョンの生母
  • イ・ヒジュンチョ・ナムドゥ役):ゴルファー出身の詐欺師
  • シン・ウォンホテオ役):無口な美男子ハッカー


[スポンサーリンク]

 

あらすじ
サブコンテンツ

このページの先頭へ