「奇皇后」あらすじ、概要 第04話

第04話arrow_pinkタファンの寝所に忍び込んだヨム・ビョンス。
スンニャンは、刺客の左腕に傷を負わせますが取り逃してしまいます。
キ・ジャオはスンニャンが娘だと気付き名乗りを交わしますが、スンニャンは家族を気遣い、兵のままでそばにいると言うのでした。

涙の親子対面を果たすキ・ジャオとスンニャン。
敢えて人前では他人を装うとするスンニャンの心中が哀れです。


主な登場人物とキャスト

●キ・スンニャン(ハ・ジウォン):奇皇后、元最後の皇后
●タファン(チ・チャンウク):元最後の皇帝、スンニャンの夫
●ワン・ユ(チュ・ジンモ):廃された高麗王、スンニャンの元主君
●ブダシリ(キム・ソヒョン):元の皇太后、タファンの叔母
●ヨンチョル(チョン・グクファン):元の宰相
●タナシルリ(ペク・ジニ):タファンの最初の皇后、ヨンチョルの娘
●タンギセ(キム・ジョンヒョン):元の将軍、ヨンチョルの長男
●ぺガン(キム・ヨンホ):元の将軍、タファンの忠実な部下
●タルタル(チン・イハン):元の将軍、ぺガンの甥、スンニャンの師
●マハ(キム・ジンソン):元の皇子、タナシルリの子(?)
●アユルシリダラ(キム・ジヌ):元の皇子、スンニャンの息子
●バヤンフト(イム・ジュウン):タファンの二番目の皇后

◇参考:キャスト・登場人物 一覧

[スポンサードリンク]


目次

「寝所に刺客が侵入した後、タファンはスンニャンに剣術を教えるよう命令する。
ワン・ユはワン・ゴに高麗を愚弄することは許さないときっぱりと言う。

乗馬の試合をしていたスンニャンとタファンは気力が尽き、倒れこんで、親しく見える。
二人を見たワン・ユはスンニャンに厳しく接する。
ヨンチョルはぺガンに大青島(テチョンド)へ軍隊を送れと言うのだが...」
引用:(奇皇后(MBC公式サイト)

第4話のキーエピソード

急速に接近するタファンとスンニャン。
何故かそれを見て嫉妬してしまうワン・ユ。
3人の感情が交錯していきます。

ぺガンはタファン暗殺の兵を率いてやって来ますが、結局タファンに忠誠を誓います。
ヨンチョルやタンギセを快く思わないぺガンは以降タファンの臣下として働きます。

タファンとスンニャンの接近

タファンスンニャンは次第に交流を深めていきます。

ある日、馬に乗って競走しているうちに二人は海に落ちてしまいます。
タファンは突然、たまっていた胸中を吐露し、「私が死なずに皇帝になれたら、君を忘れない」と言うのでした。
そこへ、ワン・ユスンニャンを迎えに訪れ、まだ刺客が捕まっていないのに何事かと責めますが、タファンスンニャンをかばうのでした。

酒を酌み交わすワン・ユスンニャン。そこへタファンがやって来ます。

タファンスンニャンの肩を抱いて自分が元に戻る時について来ないかと言い、ワン・ユに「わたしにスンニャンをくれ」と言うのです。
なぜか嫉妬心に駆られる自分に戸惑うワン・ユは、「皇太子になびくな」とスンニャンに言い残して帰って行くのでした。

[スポンサードリンク]

ぺガン、タファンに臣下の礼をとる

高麗兵に偽装した元軍がやって来ました。

そこには、元軍を率いるタンギセがいたのです。

タファンを守る為、キ・ジャオは命を懸けて高麗兵に成りすました元軍と戦い、皇太子を守れとスンニャンに命じます。

スンニャンタファンを連れて逃げますが、ぺガンが追ってきて「自ら命を断て」と迫ります。
タファンは「少し待てば病気の弟が死に、私が王になるのだ」と最後の勝負をかけます。
ぺガンは、タファンの前にひざまずいて忠誠を誓いタファンの脱出を助けます。

罠にはめられた父

仁州に到着したスンニャンは、傷だらけの父キ・ジャオが瀋陽王ワン・ゴの前に ひざまずくのを目撃しますが、タファンを守るために出て行くこともできず、陰から見守り涙を流すのでした。

第4話の感想

タファンはワン・ユとは対照的な優男でイケメン

俳優チ・チャンウクが演じています。
笑ってトンヘ』に出演経験があると言えば思い出される韓ドラファンもおられるでしょう。

第2話で、「高麗の美味い干し柿が食べたい」とダダをこねて脱走のための時間稼ぎをしたシーンには笑ってしまいました。

タファンの正体

さて、タファンは元帝国最後の皇帝、恵宗(明以降、順帝と呼ばれる、トゴン・テムル・ハーン)、実在の人物です。
政治抗争に巻き込まれ、時の皇帝文宗(トク・テムル、タファンの伯父)によって高麗へ流罪になったと伝えられています。

文宗の崩御後に皇帝となったのが異母弟の寧宗(イリンジバル)です。

ドラマの中でなぜ皇太弟と呼ばれるのか

寧宗の兄なのに何故弟なのか?不思議ですネ。
皇位継承問題で、一番大事なのは「皇統」であり、弟の寧宗が皇位を継いだ時点で正式な血統(正統)となります。
タファンは兄であっても傍流となり、正統を重んじる皇統上「目上を意味する」皇太兄とは呼べないので敢えて「弟」を使って皇帝の面子を立てている訳です。(参考:元王朝の王統図[出典:wikipedia])

「皇位継承問題で、一番大事なのは「皇統」。 」
引用:「皇太弟」という罠: いいかんじにうそをつき

タファンの生涯

順帝の治世は度重なる政治抗争と民心の離反による混乱が付きまとっていました。

そして、とどめを刺したのが紅巾の乱、それに続く明の台頭でした。
北へ敗走した順帝は北元の初代皇帝となりますが失意のうちに崩御することになります。

ドラマの中では毒殺されたことになっていますが、史実では語られていません。
想像ですが、元滅亡の悲劇をなお悲劇的にしてドラマのエンターテインメント性を上げるためのフィクション設定なのでしょう。

参考とした情報


[スポンサーリンク]

奇皇后(キファンフ,Empress Ki)公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『奇皇后』
奇皇后」は、14世紀・中国の元朝末期(朝鮮は高麗王国)に高麗からの朝貢品として献上され、一介の宮女から元朝最後の皇帝・順帝の皇后に登りつめ、権勢を振るった奇皇后の物語を描いたドラマです。

公式サイト

[PR]



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button