「奇皇后」あらすじ、概要 第05話

第05話arrow_pinkスンニャンタファンは、ヨンチョルの命で二人を追跡するタンギセの一行に追い詰められることに。
肚をくくったタファンは3つ数えろとスンニャンに言い、反対側の崖面に飛び移りますが、結局川へ落ちてしまいます。

捕まっても死ぬだけ、崖を飛び越えられなくても死。

どちらも死なら、自分の運命に賭けてみようとするタファン、男らしい所もありました。


[スポンサードリンク]

主な登場人物とキャスト

●キ・スンニャン(ハ・ジウォン):奇皇后、元最後の皇后
●タファン(チ・チャンウク):元最後の皇帝、スンニャンの夫
●ワン・ユ(チュ・ジンモ):廃された高麗王、スンニャンの元主君
●ブダシリ(キム・ソヒョン):元の皇太后、タファンの叔母
●ヨンチョル(チョン・グクファン):元の宰相
●タナシルリ(ペク・ジニ):タファンの最初の皇后、ヨンチョルの娘
●タンギセ(キム・ジョンヒョン):元の将軍、ヨンチョルの長男
●ぺガン(キム・ヨンホ):元の将軍、タファンの忠実な部下
●タルタル(チン・イハン):元の将軍、ぺガンの甥、スンニャンの師
●マハ(キム・ジンソン):元の皇子、タナシルリの子(?)
●アユルシリダラ(キム・ジヌ):元の皇子、スンニャンの息子
●バヤンフト(イム・ジュウン):タファンの二番目の皇后

◇参考:キャスト・登場人物 一覧

『タファンとともに逃亡したスンニャンは肩の痛みが増々激しくなるが、歯を食いしばってこらえる。
ワン・ユはタンギセよりもスンニャンとタファンを先に探すため、馬に乗って急いで走る。

崖っぷちに立たされたスンニャンはタファンに皇帝になりたければ走らなければならないと言って、スンニャンとタファンは虚空に身を飛ばすが...』
引用:(奇皇后(MBC公式サイト)

第5話のキーエピソード

タファン殺害への執拗なヨンチョルの計略とそれを阻止しようとするスンニャン達の攻防戦が描かれます。

タンギセの追撃から逃れたタファンとスンニャン。
ワン・ゴの陰謀の餌食となったキ・ジャオの受難。
高麗に自ら乗り込んだヨンチョル、ワン・ユに皇太子の死の責任を取らせ宮廷の実権掌握。
タファン生存を証拠に形勢逆転を狙うスンニャン。
等のエピソードが目まぐるしく展開していきます。

ヨンチョルの計略とタファンの生還

タンギセに追い詰められ崖から転落したスンニャンとタファン

瀕死のタファンを救うため、スンニャンは自分自身の体温でタファンを温めます。

心臓の鼓動が高まり「こいつは男なのに...」と、心のなかでまごつくタファンでした。

"このエピソード、ドラマ「馬医」の中でグアンヒョンが川でおぼれたジニョンを自分の体の体温で温めるエピソードを思い出してしまいました。今回は女が男を温める設定ですが..."

開京では、ワン・ゴが事件の首謀者としてキ・ジャオをワン・ユの前に連れてきますが、実はワン・ゴら一派こそがタファンを殺害した張本人だと明らかになります。
しかし、そこに元の丞相ヨンチョルが到着したことで、罪を追求できなくなってしまいます。
ヨンチョルは、タファンが高麗で死んだことを理由にワン・ユを大逆罪に問うと言い、王宮の実権を掌握することに。

[スポンサードリンク]

タファンとスンニャンの生還

スンニャンタファンは開京の市街に到着しますが、矢を負っていたスンニャンが倒れてしまいます。
薬剤を探しに出たタファンは途中でチョムバギに巡り合い、スンニャンは医者の治療を受けます。
チョムバギは医者からスンニャンが女であるとを聞きますが、スンニャンは黙っておいてくれと頼むのでした。

タファンが生きていることをワン・ユに伝えるため、スンニャンは策を練り、タファンを遺体に見せかけて王宮内に入る作戦を立てます。
タファンを棺に入らせて塩で全身を覆い、魚を腐らせた魚醤をふりかけて、スンニャンはヨム・ビョンスの前に姿を現わします。
ビョンスは予想外のスンニャンの登場に慌てふためくのでした。

第5話の感想

キ・ジャオの受難

執拗にワン・ユの失脚を狙うワン・ゴの卑劣な陰謀の犠牲者が生まれてしまいます。
それが、よりによってスンニャンの父、キ・ジャオと言うのですから神も仏もあったものではありませんネ。

キ・ジャオの素顔

さて、ドラマの中でキ・ジャオ(奇子敖)は、巡軍万古府の万古長として描かれています。

歴史的には高麗の幸州(現在ソウル市の郊外、板門店の近く?)に住まいし5男3女を設けたという記録があるとか。
巡軍万古府の万古長だったという記録はないようです。

3女の末娘がスンニャンだという事です。

さて、ドラマに戻ると、元の皇太子タファンを殺害したという冤罪で目玉をえぐられ、舌を抜かれ、耳を潰されて無念の死を遂げる人物です。

母に続いて父も殺されたスンニャンの苦しみはいかばかりか。
復讐心を更に強くしたのは当然ですネ。

キ・ジャオを演じたのは、キム・ミョンス
ハ・ジウォンと同様、歴史ドラマ好きと言われる俳優です。(事実、数多くの歴史ドラマに出演しています)

参考とした情報


[スポンサーリンク]

奇皇后(キファンフ,Empress Ki)公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『奇皇后』
奇皇后」は、14世紀・中国の元朝末期(朝鮮は高麗王国)に高麗からの朝貢品として献上され、一介の宮女から元朝最後の皇帝・順帝の皇后に登りつめ、権勢を振るった奇皇后の物語を描いたドラマです。

公式サイト

[PR]



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button