「奇皇后」あらすじ、概要 第20話

第20話arrow_pinkワン・ユはタファンの謀略でヨンチョル暗殺の冤罪をでっち上げられます。
激怒したタンギセはワン・ユを殺そうとしますが、そこへ意外な人物が現れてタンギセの前に立ちはだかるのでした。

ヨンチョルに毒を盛ったタファンが、ワン・ユを睨んで『次はお前の番だ』と心の中で呟く場面が登場します。
スンニャンをワン・ユに奪われたくないと思うタファンは、ワン・ユを亡き者にしようと思い始めていた事がわかるエピソードです。


主な登場人物とキャスト

●キ・スンニャン(ハ・ジウォン):奇皇后、元最後の皇后
●タファン(チ・チャンウク):元最後の皇帝、スンニャンの夫
●ワン・ユ(チュ・ジンモ):廃された高麗王、スンニャンの元主君
●ブダシリ(キム・ソヒョン):元の皇太后、タファンの叔母
●ヨンチョル(チョン・グクファン):元の宰相
●タナシルリ(ペク・ジニ):タファンの最初の皇后、ヨンチョルの娘
●タンギセ(キム・ジョンヒョン):元の将軍、ヨンチョルの長男
●ぺガン(キム・ヨンホ):元の将軍、タファンの忠実な部下
●タルタル(チン・イハン):元の将軍、ぺガンの甥、スンニャンの師
●マハ(キム・ジンソン):元の皇子、タナシルリの子(?)
●アユルシリダラ(キム・ジヌ):元の皇子、スンニャンの息子
●バヤンフト(イム・ジュウン):タファンの二番目の皇后

◇参考:キャスト・登場人物 一覧

[スポンサードリンク]


目次

『ヨンチョルが倒れて、タファンは連行されるワン・ユを追いかけようとするスンニャンの前に立ちはだかる。

スンニャンの助けで皇太后に会ったワン・ユは復位を約束して欲しいと言う。
ワン・ユはスンニャンに高麗に行っても生涯、自分の側にいてくれるかと尋ねるが...』
引用:(奇皇后(MBC公式サイト)

第20話のキーエピソード

ワン・ユが元側の仲たがいを画策します。

タファンの企みに嵌ったワン・ユはヨンチョル毒殺のかどで逮捕。
あわやタンギセに殺されそうに。

危機を救ったのはタナシルリ、兄の一時の激情より、皇太后派に対抗する為ワン・ユを引き入れる事を選択します。

皇太后もタンギセに対抗するためワン・ユに接近、高麗王復位を餌に仲間にしようと画策。

ワン・ユはタナシルリと皇太后を両てんびんにかける事に。
ワン・ユの知恵を借りた皇太后、ヨンチョル派の方賑と周国政に反乱を持ち掛けます。

一方、死んだと思われたヨンチョルは生きていました!

目まぐるしく展開する虚々実々の駆け引きに気が抜けないエピソードです。

ワン・ユ危機一髪

タファンによってヨンチョルに毒を飲ませた罪を着せられたワン・ユは捕えられ投獄されてしまいます。

牢に閉じ込められたワン・ユは激怒したタンギセに殺されそうになりますが、そこへタナシルリが現れ、兄をを遮りワン・ユの命を救います。

ヨンチョルの死で危機感を覚えたタナシルリは、ワン・ユを抱き込み皇太后派の脅威に対抗を決意したのでした。

ワン・ユは、タナシルリの願いを聞き入れたふりをします。

[スポンサードリンク]

ワン・ユの二股

皇太后がワン・ユに接近し、ワン・ユの高麗王復位を約束する見返りとしてタンギセに対抗する事に協力を要請。

ワン・ユの助言を得てヨンチョル派の高官たちと会見し、それぞれに次期大丞相の座を約束。
手を組んでタンギセの脅威に立ち向かうように働きかけます。

一方、スンニャンワン・ユの代わりにタナシルリに会い、皇太后が方賑、周国清と反乱を画策しているので、タンギセ将軍は軍隊の準備を怠らぬようとの伝言を伝えることに。

皇太后から高麗王への復位を約束されたワン・ユは、スンニャンに自分の王妃になって欲しいと告げるのでした。

生きていたヨンチョル

ヨンチョルは生きていました!

偶然、ヨンチョルが生存していると知ったスンニャンは、白い布をつけた弓を背負い、馬を走らせます。
ワン・ユとぺガンらは連絡用の合図を決めており、ヨンチョルが生存していることが明らかになった時には白い布を使うことになっていたのです。

反乱軍決起

決起した反乱軍はヨンチョル邸へ到着。
タンギセは迎え撃つ軍の体制を確認します。

ヨンチョル邸の門上にはワン・ユ、ぺガンとタルタルが身を現わし、方賑と周国政の兵を見下ろしていました。
ワン・ユ達は戦闘開始となったら、真っ先にタンギセの命を奪う事を確認することに。

タンギセが門上に出現し、叛乱軍が攻撃開始の声をあげます。
その時、スンニャンが駆けつけ様に弓を放つと、矢は周国政の首を貫きます。

スンニャンが放った矢には白い布が付いており、ワン・ユたちはヨンチョルがまだ死んでいないと知るのでした。

第20話の感想

ワン・ユが元側勢力をかく乱します。

絵に描いたような『離間の策』が展開していきます。
お互いをかく乱し自滅させようと策略を練るのですが、いとも簡単に策に嵌っていく様が小気味よい感じです。
一方で、ワン・ユがスンニャンに求婚するというロマンスも微笑ましく感じました。

離間の策とは、中国の兵法36計、反間の計の例で、『敵を仲たがいさせる』事によって、思いのままに操ることです。
(参考:反間計 - Wikipedia


参考とした情報


[スポンサーリンク]

奇皇后(キファンフ,Empress Ki)公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『奇皇后』
奇皇后」は、14世紀・中国の元朝末期(朝鮮は高麗王国)に高麗からの朝貢品として献上され、一介の宮女から元朝最後の皇帝・順帝の皇后に登りつめ、権勢を振るった奇皇后の物語を描いたドラマです。

公式サイト

[PR]



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button