「奇皇后」あらすじ、概要 第23話

第23話arrow_pink洞窟に隠れたスンニャンはたった一人で赤ん坊を出産。
その子に、星という意味のピョルという愛称を授けます。
しかし、すぐそこまでヨム・ビョンス率いる追手が迫っていたのです。

タナシルリの卑劣な陰謀で、高麗の仲間と赤子を失うことになるスンニャンですが、この出来事がワン・ユと違う道を歩くことを決定的にしていくのでした。


主な登場人物とキャスト

●キ・スンニャン(ハ・ジウォン):奇皇后、元最後の皇后
●タファン(チ・チャンウク):元最後の皇帝、スンニャンの夫
●ワン・ユ(チュ・ジンモ):廃された高麗王、スンニャンの元主君
●ブダシリ(キム・ソヒョン):元の皇太后、タファンの叔母
●ヨンチョル(チョン・グクファン):元の宰相
●タナシルリ(ペク・ジニ):タファンの最初の皇后、ヨンチョルの娘
●タンギセ(キム・ジョンヒョン):元の将軍、ヨンチョルの長男
●ぺガン(キム・ヨンホ):元の将軍、タファンの忠実な部下
●タルタル(チン・イハン):元の将軍、ぺガンの甥、スンニャンの師
●マハ(キム・ジンソン):元の皇子、タナシルリの子(?)
●アユルシリダラ(キム・ジヌ):元の皇子、スンニャンの息子
●バヤンフト(イム・ジュウン):タファンの二番目の皇后

◇参考:キャスト・登場人物 一覧

[スポンサードリンク]


目次

『赤ちゃんを連れて逃げていたスンニャンは崖っぷちでヨム・ビョンス一行と出くわす。

タファンはスンニャンが死んだという知らせで放心し急に倒れて気を失ってしまう。
タナシルリは尼が連れてきた赤ちゃんを密かに宮殿に連れて行きたいと思うのだが...』
引用:(奇皇后(MBC公式サイト)

第23話のキーエピソード

運命の子ピョル(星)の誕生と別れ、奴隷商人に拉致されたスンニャンタナシルリの偽装出産、止まる事を知らぬヨンチョルの悪事と暴政などなど、数々のエピソードが次々に展開していきます。

スンニャンの出産

スンニャンはピョルを抱いて逃げ出します。

スンニャンはピョルをおぶって、胸にはノ尚宮の形見の鏡を抱いて走りますが、崖に追い詰められることに。
その時、ビョンスが矢を放ちスンニャンは矢を受けて崖を落ち、ピョルを放してしまうのでした。

スンニャンが死んだと思ったビョンス達が引き上げた後、チョッコが現れ崖の途中に宙づりとなったスンニャンを助けます。

廃屋で目覚めたスンニャンの側にはチョッコの姿が・・・。
チョッコは、ノ尚宮から貰った鏡がなかったらスンニャンは矢が突き刺さり死んでいただろうと言うのでした。

赤子がいないとわかると、スンニャンは荷物と境を持ってピョルを探しに出て行きます。

タファンとワン・ユの落胆

スンニャンが死んだとの報告を受けたタファンは号泣し、誰の仕業かと叫びます。

悲しみと空虚感に打ちひしがれたタファンはついに気を失って倒れてしまうのでした。

一方、帰国したパン・シヌからスンニャンの死を伝えられたワン・ユはスンニャンの事を思い出しながら一人嗚咽します。

[スポンサードリンク]

タナシルリの偽装

タナシルリは寺にこもり仏を供養しながら不妊治療を続けていました。
しかし、タナシルリの身体はどんな名医も治せないと医師は言います。

そんなある日、赤子の泣き声が聞こえてきました。

尼僧が抱く赤子は山の中で亡くなった父親が抱いていたのだと聞き、タナシルリは赤子を抱き取ります。

彼女の頭の中には、ある考えが頭を持ち上げていたのです。

タナシルリは出産を偽装。
ヨンチョルはタナシルリが皇子を生んだことをねぎらい、その子に雄壮偉大の意味を持つ「マハ」と名付けて、名に負けない皇帝になれと語りかけます。

スンニャン誘拐

スンニャンはチョッコに導かれ山中を歩いていましたが、メバク商団の一党に捕まってしまいます。
薬で気絶した二人は奴隷を運ぶ籠に載せられるのでした。

この後、捕われたスンニャンは驚くべき発見をすることに!

第23話の感想

赤子と離れ離れになってしまったスンニャン。
必死に赤子の姿を探し求めるスンニャンが哀れです。

一方、何とか自分は生き延びたものの、スンニャンを守ってくれた多くの人たちが命を落としてしまいました。

匿ってくれたパク才人、命がけでスンニャンを守ったノ尚宮、パク・ブルファなどが悲しい最後を遂げてしまいます。こうして、復讐の思いを一層強くするスンニャンでした。

タンギセの残忍さに腹が立ちますが、タナシルリの狡猾さにも歯ぎしりする思いです。

ドラマの場面が目まぐるしく変わってついていくのが大変ですが、これからどういう展開になるのでしょうか?

そして、スンニャンが発見した驚くべきものとは・・・。

参考とした情報


[スポンサーリンク]

奇皇后(キファンフ,Empress Ki)公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『奇皇后』
奇皇后」は、14世紀・中国の元朝末期(朝鮮は高麗王国)に高麗からの朝貢品として献上され、一介の宮女から元朝最後の皇帝・順帝の皇后に登りつめ、権勢を振るった奇皇后の物語を描いたドラマです。

公式サイト

[PR]



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button