「奇皇后」あらすじ、概要 第29話

第29話arrow_pink倒れたスンニャンの口に銀の匙を入れると、黒く変色しました。

さっそく検査が行われ、ナツメから毒が見つかります。
タナシルリは、すべての側室・宮女・宦官の住まいを徹底的に探すようにと命じるのでした。

タナシルリの高慢を逆手にとったスンニャンの作戦勝ちが描かれます。
タナシルリとの戦いの初戦はスンニャンの勝利でした。


主な登場人物とキャスト

●キ・スンニャン(ハ・ジウォン):奇皇后、元最後の皇后
●タファン(チ・チャンウク):元最後の皇帝、スンニャンの夫
●ワン・ユ(チュ・ジンモ):廃された高麗王、スンニャンの元主君
●ブダシリ(キム・ソヒョン):元の皇太后、タファンの叔母
●ヨンチョル(チョン・グクファン):元の宰相
●タナシルリ(ペク・ジニ):タファンの最初の皇后、ヨンチョルの娘
●タンギセ(キム・ジョンヒョン):元の将軍、ヨンチョルの長男
●ぺガン(キム・ヨンホ):元の将軍、タファンの忠実な部下
●タルタル(チン・イハン):元の将軍、ぺガンの甥、スンニャンの師
●マハ(キム・ジンソン):元の皇子、タナシルリの子(?)
●アユルシリダラ(キム・ジヌ):元の皇子、スンニャンの息子
●バヤンフト(イム・ジュウン):タファンの二番目の皇后

◇参考:キャスト・登場人物 一覧

[スポンサードリンク]


目次

『タファン(チ・チャンウク)は倒れて横になっているスンニャン(ハ・ジウォン)の手をギュッと握りながら声もなく泣いている。

スンニャンの口から取り出したナツメから毒が発見され、タナシルリ(ベク・ジニ)は側室たちの居所を捜索する事を命じる。
監察女官が皇太后の居所まで捜索を終え、最後にタナシルリの居所だけが残ることになるが... 』
引用:(奇皇后(MBC公式サイト)

第29話のキーエピソード

スンニャンの策略が功を奏し、タナシルリを罠に嵌めます。

今回は胸のすくような思いがしました。

側室を追放したいタナシルリの野望を逆手にとって、毒入りナツメの出所を徹底的に調べさせようとします。
焦ったところでタナシルリの住まいが未調査であることを進言、部屋から毒入りのナツメを見つけさせることに成功。
ナツメはスンニャンが姦計によってタナシルリに送ったものだったというカラクリでした。

タナシルリは廃位か冷宮行きかを迫られます。
立場を悟ったヨンチョルはタナシルリから皇后の印章を取り上げ冷宮行きを呑まざるを得ないことに。

ヨンチョル一派に一矢を報いたスンニャンの戦い、今回はスンニャンの計略が一枚上手だったようです。

タファンの懺悔

倒れたスンニャンの手を取り、涙するタファン。
自ら毒を飲んでまで復讐を果たそうとするスンニャンの覚悟に触れ、自分が心にいなくても利用されるだけでもいいから生きていてほしいとスンニャンに告げます。
その時、スンニャンの心が少し動いたような・・・。

自縄自縛

毒の出所はなかなか見つかりません。
側室の誰かを犯人に仕立てたいタナシルリは女官や宦官に激しい尋問をかけます。

皇后が暴走しているとのタファンの言葉に、スンニャンは『自縄自縛です』と答えるのでした。

「参考:自分の言動が自分を束縛して,自由に振る舞えず苦しむこと-自縄自縛 とは - コトバンク
仕掛けられた罠

タナシルリは、ついに皇太后の居所までも捜査させますが、何も出て来ません。
その時、スンニャンが、「皇后陛下の居所がまだ残っています」と言い、皇后の居所も捜査されることになります。

すると、宝石箱から、宝石とともにナツメが出て来て、そのナツメを食べたソ尚宮が苦しみ始めることに。
宝石箱とナツメはタルタルの手を経て、メバク商団のフクスの名を語ってスンニャンがタナシルリに送ったものでした。

意外な成り行きに慌てふためくタナシルリ、その姿をあざ笑うスンニャンでした。

[スポンサードリンク]

ヨンチョル動転

行省主達と会食をしていたヨンチョルの許に、『毒を盛った犯人はタナシルリ皇后だった』との知らせが飛び込みます。
あまりの驚きに声も出ないヨンチョル。

フクスの貢物が毒の原因であると知って、すぐに捕まえろというヨンチョル。
ペガンはタルタルを遼陽に送り、フクスを捕まえ奴らの資金を没収しろと命じることに。

動揺するヨンチョルの姿が滑稽でもあり痛快な場面でした。

遼陽

メバク商団のフクスを捕えにタルタルが到着し、ワン・ユに協力を求めます。
フクスを捕え、商団のアジトを急襲したワン・ユは暗号化された帳簿を手に入れるのでした。

ある日、タルタルから、ヨンチョル一族への復讐の為にスンニャンが自らの意志で後宮に入り正五品才人となったことを知ったワン・ユは、スンニャンを想い、なぜそんな選択をしたのかと嘆くのでした。

タナシルリの失脚

大殿の皇帝のもとに向かうタナシルリ。
集まった行省主達はタナシルリを大逆罪に問い廃位をするよう願い出ます。
懸命に弁明するタナシルリ、絶体絶命の危機に陥ります。

そこへ、『戦袍』に身を固めたヨンチョルに率いられた親衛隊が現れ周りを恫喝、皇太后にタナシルリの廃位か冷宮送りかを選べと迫ります。
そして皇太后は皇后の印章を皇太后に渡し冷宮へ行くか廃位か選べとやり返します。
ヨンチョルは返す言葉もありませんでした。

「参考:戦闘の際に着る衣服-戦袍 とは - コトバンク

第29話の感想

今回は、スンニャンの作戦勝ち!

巧妙な罠を仕掛け敵にぐうの音も出させぬ仕上がりでした。
また、皇太后とのチームワークも見事でした。

タナシルリの慌て様とヨンチョルの苦虫を噛み潰したような表情に気分がスッキリです。

タナシルリの追放に成功したスンニャンですが、このままでは終わらない事を知っているでしょう。
次の一手はどんなことを考えているのでしょうか?

参考とした情報


[スポンサーリンク]

奇皇后(キファンフ,Empress Ki)公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『奇皇后』
奇皇后」は、14世紀・中国の元朝末期(朝鮮は高麗王国)に高麗からの朝貢品として献上され、一介の宮女から元朝最後の皇帝・順帝の皇后に登りつめ、権勢を振るった奇皇后の物語を描いたドラマです。

公式サイト

[PR]



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button