「奇皇后」あらすじ、概要 第46話

第46話arrow_pink宣業寺でタナシルリの供養をしていたマハに刺客が襲い掛かります。
すんでのところでマハを外に逃がしたトンマンは賊が落とした指輪を見て愕然とするのでした。

一方、マハが我が子であると知ったスンニャンは、マハの命が危ないと宣業寺へ駆けつけます。
スンニャンが、マハが死んだはずのピョルだと知り、悲しい再会を果たすシーンが描かれます。



主な登場人物とキャスト

●キ・スンニャン(ハ・ジウォン):奇皇后、元最後の皇后
●タファン(チ・チャンウク):元最後の皇帝、スンニャンの夫
●ワン・ユ(チュ・ジンモ):廃された高麗王、スンニャンの元主君
●ブダシリ(キム・ソヒョン):元の皇太后、タファンの叔母
●ヨンチョル(チョン・グクファン):元の宰相
●タナシルリ(ペク・ジニ):タファンの最初の皇后、ヨンチョルの娘
●タンギセ(キム・ジョンヒョン):元の将軍、ヨンチョルの長男
●ぺガン(キム・ヨンホ):元の将軍、タファンの忠実な部下
●タルタル(チン・イハン):元の将軍、ぺガンの甥、スンニャンの師
●マハ(キム・ジンソン):元の皇子、タナシルリの子(?)
●アユルシリダラ(キム・ジヌ):元の皇子、スンニャンの息子
●バヤンフト(イム・ジュウン):タファンの二番目の皇后

◇参考:キャスト・登場人物 一覧

[スポンサードリンク]


目次

『スンニャンは倒れ込むマハを受け止め、抱いて涙を流す。

スンニャンはタファンにマハを殺そうとした真犯人を明らかにしたいと述べ、皆が集まった席で、パヤンフドゥを名指しする。
スンニャンはタファンと皇太后にもう一つ明らかにすることがあると言い...』
引用:(奇皇后(MBC公式サイト)

第46話のキーエピソード

マハの正体とパヤンフドゥ追放

マハの足に三つの星を確認したスンニャン、死んだと思った息子との悲しい再会に涙を流します。

一方、ワン・ユも偶然マハが自分の息子である事を知り驚くのでした。

マハ暗殺事件解明の場で、パヤンフドゥの姦計が暴かれ廃皇后に追い込まれることに。
さらに、マハがタナシルリの子では無いとの事実が明かされ皇太后派は大打撃を受けるのでした。

ドラマは急展開を迎えます。

襲われたマハ

刺客がマハに追いつき、駆けつけたスンニャン達と鉢合せする事に。

その時、覆面を取ったヨム・ビョンスが毒矢を射かけ、マハの背中に突き刺さります。
スンニャンはマハを抱いて「しっかりして、私の坊や」と号泣するのでした。

マハは何とか一命を取り留めます。

ピョル(星)

そして、スンニャンは気を失っているマハの足の甲の三つの星のアザを確認するのでした。

トンマンは敵方の皇子マハに対して何故スンニャンは涙を流すのかとパン・シヌに問いますが、シヌは時期が来たら話すと答えます。

その頃、パヤンフドゥはビョンスから報告を受け、ほくそ笑んでいました。

真犯人・パヤンフドゥの失脚

マハ暗殺の真犯人を探し出す全権をタファンから得たスンニャンは、大殿に皆を集めます。

皇太后はスンニャンがマハ暗殺を仕組んだとして処罰を求めますが、スンニャンは「暗殺を図った刺客が落として行ったものだ」と、指輪を取り出します。

それは皇后の指輪だったことが露見し、辺りは騒然となるのでした。

タファンはパヤンフドゥがヨム・ビョンスに会っていたことをソ尚宮に確認し、パヤンフドゥを捕えます。

[スポンサードリンク]

もう一つの真実

パヤンフドゥが連行された後、スンニャンはもう一つ明らかにしたい事があると進言。

スンニャンは、『マハ皇子はタナシルリの実の子ではない』と皆に明かし、当時を知る尼僧を呼びます。

尼僧は「拾って来た生まれたての赤ん坊を皇后が連れて行き、寺に火を付けた」と証言。
再び大殿内は騒然となることに。
そして、それを聞いた皇太后は失神するのでした。

パヤンフドゥは廃皇后となり流罪が決定、そしてマハは皇宮を出る事に。
スンニャンは、マハに敢えて出生の秘密を明かさず密かに陰から守る事を決意するのでした。

ワン・ユの報復

一方、身を隠していたワン・ユヨンビスタンギセに攻撃されます。
ワン・ユを助けるため自ら犠牲になったヨンビスは、ワン・ユへの思いを伝え、息を引き取ることに。

ワン・ユは仇討ちのため燕京へ戻ることを決意。
パン・シヌとチョッコに、タンギセを庇護するメバク商団の首領の正体を調べるよう指示します。

ワン・ユの驚き

ある日の事、ワン・ユは偶然に部下の話を耳にし、マハが自分の息子だと知るのでした。

新たな戦いの始まり

やがてマハが出宮し、アユシリタラが太子に冊封されます。
そして、皇太后・ぺガン対スンニャンの戦いが始まろうとしていました。

第46話の感想

タナシルリとの戦いに比べるとパヤンフドゥとの戦いはあっけない幕切れだった気がします。

マハを我が子だと知りながら、命を守る為に真実を明かせず、『お前には誰の助けも無い、一人だけで強く生きろ』と言わざるを得なかったスンニャンの気持ちを思うと胸が締め付けられるようです。

マハはこれからどんな運命をたどるのでしょうか?
そして、マハが我が子だと知ったワン・ユは・・・

参考とした情報


[スポンサーリンク]

奇皇后(キファンフ,Empress Ki)公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『奇皇后』
奇皇后」は、14世紀・中国の元朝末期(朝鮮は高麗王国)に高麗からの朝貢品として献上され、一介の宮女から元朝最後の皇帝・順帝の皇后に登りつめ、権勢を振るった奇皇后の物語を描いたドラマです。

公式サイト

[PR]



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button