皇太后ブダシリとは

thnb_empress_photo140331155949imbcdrama0皇太后「ブダシリ」は、元帝国皇帝・文宗トク・テムルの皇后。(生年不詳、1340年没)、タファンの叔母に当たる人物です。

夫の文宗没後、文宗の兄で先帝・明宗コシラの子を時期皇帝に推戴しましたが、大宰相ヨンチョルがコシラの長男ドゴンテムル(タファン)を追放処分にしたため、わずか7歳の弟イリンジバルを第11代寧宗として擁立することを甘んじて受けたようです。

(photo quoted from 현장포토 | 기황후

先の皇帝の皇后だったと言うプライドからか、ヨンチョルには人並みならぬ敵愾心を抱く気の強さをもった女性で、甥のタファンを抱き込み何とか巻き返しを図ろうとしています。(その様子は写真からも読み取れるようです・・・)


[スポンサードリンク]

主な登場人物とキャスト

●キ・スンニャン(ハ・ジウォン):奇皇后、元最後の皇后
●タファン(チ・チャンウク):元最後の皇帝、スンニャンの夫
●ワン・ユ(チュ・ジンモ):廃された高麗王、スンニャンの元主君
●ブダシリ(キム・ソヒョン):元の皇太后、タファンの叔母
●ヨンチョル(チョン・グクファン):元の宰相
●タナシルリ(ペク・ジニ):タファンの最初の皇后、ヨンチョルの娘
●タンギセ(キム・ジョンヒョン):元の将軍、ヨンチョルの長男
●ぺガン(キム・ヨンホ):元の将軍、タファンの忠実な部下
●タルタル(チン・イハン):元の将軍、ぺガンの甥、スンニャンの師
●マハ(キム・ジンソン):元の皇子、タナシルリの子(?)
●アユルシリダラ(キム・ジヌ):元の皇子、スンニャンの息子
●バヤンフト(イム・ジュウン):タファンの二番目の皇后

◇参考:キャスト・登場人物 一覧

いずれにせよ、先帝の皇后だったことから、『皇太后』の地位を与えられます。
寧宗が夭折したため、急きょタファン(ドゴンテムル)が第12代皇帝・恵宗として冊立されますが、ブダシリ皇太后も恵宗(タファン)もヨンチョルの傀儡にすぎなかったようです。

ヨンチョルとタナシルリの失脚を願い、最初はタファンやスンニャンと手を組みますが、ヨンチョル破滅後にスンニャンが実力派側室として自分を脅かす存在になると、態度一変、スンニャンに脅威を感じる次期大宰相ぺガンと、その姪で新皇后となったパヤンフドゥ手を組みスンニャンの追い落としを画策するしたたかな女性です。

ドラマの終盤では、新皇帝候補を立て対抗しますが、タファンとスンニャンの陰謀に敗れ非業の最期を遂げる事になります。

皇太后ブダシリを演じる「キム・ソヒョン」のプロフィール

kimsohyon2_pキム・ソヒョン、Kim Seo-Hyeong、김서형」は、1976年10月28日生まれのベテラン女優です。

1994年KBSドラマ『明日の愛』でデビュー後、数々のドラマや映画に出演しています。

主なドラマ出演作

2003 SBS『グリーンローズ』、2004 SBS 『パリの恋人』、2005 MBC 『頑張れ!クムスン』、2007 SBS 『恋人よ』、2008 SBS 『妻の誘惑』、2010 SBS 『ジャイアンツ』、2012 SBS 「サラリーマン楚漢志/チョ・ハンジ」、「棚ぼたのあなた」、(2013~2014) MBC『奇皇后』など。
(photo quoted from: 輝国山人の韓国映画 キム・ソヒョン2

主な受賞歴

2009年SBS演技大賞連続ドラマ部門女演技賞(妻の誘惑)、、2014年第3回マドリード国際映画祭 外国語映画で最優秀主演女優賞受賞(晩春)

1999年生まれの子役女優「キム・ソヒョン、Kim So-Hyun、김소현」と混同される場合がありますのでご注意を。

[スポンサードリンク]

関連情報

あわせて読みたい関連記事


[スポンサーリンク]



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


『奇皇后』あらすじ一覧 1話~25話
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話 10話
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
21話 22話 23話 24話 25話
『奇皇后』あらすじ一覧 26話~51話
26話 27話 28話 29話 30話
31話 32話 33話 34話 35話
36話 37話 38話 39話 40話
41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話
51話