ドラマ『奇皇后』に登場する丞相ぺガンは、前任者のヨンチョルを倒して大丞相の地位を手に入れた人物です。

生粋の武人で第モンゴル帝国の栄光を取り戻す悲願を持ち、そのためには手段を択ばないという激しい性格を持った男性として描かれています。

ドラマ『奇皇后』で、ぺガンを演じる俳優は「キム・ヨンホ」、いかにも武人という風貌からは想像できない多彩な才能を持つ俳優です。


[スポンサードリンク]

主な登場人物とキャスト

●キ・スンニャン(ハ・ジウォン):奇皇后、元最後の皇后
●タファン(チ・チャンウク):元最後の皇帝、スンニャンの夫
●ワン・ユ(チュ・ジンモ):廃された高麗王、スンニャンの元主君
●ブダシリ(キム・ソヒョン):元の皇太后、タファンの叔母
●ヨンチョル(チョン・グクファン):元の宰相
●タナシルリ(ペク・ジニ):タファンの最初の皇后、ヨンチョルの娘
●タンギセ(キム・ジョンヒョン):元の将軍、ヨンチョルの長男
●ぺガン(キム・ヨンホ):元の将軍、タファンの忠実な部下
●タルタル(チン・イハン):元の将軍、ぺガンの甥、スンニャンの師
●マハ(キム・ジンソン):元の皇子、タナシルリの子(?)
●アユルシリダラ(キム・ジヌ):元の皇子、スンニャンの息子
●バヤンフト(イム・ジュウン):タファンの二番目の皇后

◇参考:キャスト・登場人物 一覧

俳優キム・ヨンホの紹介をする前に、歴史上の人物「ぺガン」について少し語ってみたいと思います。

(photo by: www.imbc.com

奇皇后に登場するぺガンとは

「ぺガン(Bayan、伯顔)」は、由緒あるメルキト部族集団の出身。歴代将軍を輩出してきた名門に生まれます。

若い頃から武勇に優れ、「バートル」(勇者)の称号を持つ武人で、ヨンチョル(エル・テムル)とも共に戦ったといいます。

この辺りのエピソードは、ドラマで紹介されたぺガンそのものというイメージです。

歴史に登場するぺガン

ドラマでは、ヨンチョル(エル・テムル)一派の反乱を鎮圧した功績で大丞相に任命されたという設定になっていますが、史実のぺガンは、タファン(ドゴン・テムル)が皇帝になる以前から強大な権力を持った実力者だったようです。

ぺガンはヨンチョルの死後、皇帝タファンを後見し、ヨンチョルの子タンギセの反乱を鎮圧し、ついに独裁権を掌握したと言われます。

独裁権力を握ったぺガンですが、甥のタルタル(トクト...元最後の丞相)がタファンと組んで起こしたクーデターにより失脚、後に病したと伝えられています。

多少の食い違いはありますが、ドラマの歴史設定は「ほぼ史実通り」と言ってよいでしょう。

参考資料

バヤン (メルキト部) - Wikipedia

[スポンサードリンク]

ぺガンを演じるキム・ヨンホ

KimYongho

キム・ヨンホは1967年生まれの俳優。

ドラマ『奇皇后』に登場するぺガンを演じるキム・ヨンホは武人としてのぺガンそのものを好演しています。

短髪に口髭、あご髭・・・朴訥だが闘志あふれる武人そのものです。

テコンドーやボクシングなど武術を得意とし、歌手として芸能界へデビューした経歴を持つ俳優です。
その後ミュージカルの世界へ飛び込み異彩を放つことに。

映画・ドラマでも活躍するキム・ヨンホは存在感溢れるキャラクターを持った俳優。

『奇皇后』でもその才能が、いかんなく発揮されています。

キム・ヨンホのプロフィール

photo by: kntv.co.jp

主なドラマ出演作

薯童謡(ソドンヨ』、『インス大妃』、『モンスター~私だけのラブスター~』『奇皇后』


[スポンサーリンク]



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


『奇皇后』あらすじ一覧 1話~25話
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話 10話
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
21話 22話 23話 24話 25話
『奇皇后』あらすじ一覧 26話~51話
26話 27話 28話 29話 30話
31話 32話 33話 34話 35話
36話 37話 38話 39話 40話
41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話
51話