奇皇后の敵、コルタとは

コルタは皇帝タファンの側近として登場する忠実な宦官。

常に孤独だったタファンの側近として、友人として、暖かく、時には剽軽な姿を見せながらタファンを見守る役柄です。

しかし、コルタには意外な素顔が隠されていました・・・

それは、ドラマの終盤で明らかにされます。(photo by: ©MBC)


[スポンサードリンク]

主な登場人物とキャスト

●キ・スンニャン(ハ・ジウォン):奇皇后、元最後の皇后
●タファン(チ・チャンウク):元最後の皇帝、スンニャンの夫
●ワン・ユ(チュ・ジンモ):廃された高麗王、スンニャンの元主君
●ブダシリ(キム・ソヒョン):元の皇太后、タファンの叔母
●ヨンチョル(チョン・グクファン):元の宰相
●タナシルリ(ペク・ジニ):タファンの最初の皇后、ヨンチョルの娘
●タンギセ(キム・ジョンヒョン):元の将軍、ヨンチョルの長男
●ぺガン(キム・ヨンホ):元の将軍、タファンの忠実な部下
●タルタル(チン・イハン):元の将軍、ぺガンの甥、スンニャンの師
●マハ(キム・ジンソン):元の皇子、タナシルリの子(?)
●アユルシリダラ(キム・ジヌ):元の皇子、スンニャンの息子
●バヤンフト(イム・ジュウン):タファンの二番目の皇后

◇参考:キャスト・登場人物 一覧

明かされたメバク首領の素顔

(以下は初めての方にはネタバレを含みます)

ドラマ『奇皇后』の展開とともに、悪の象徴であるメバク商団の首領が誰なのか誰もがその正体に強い関心を持つようになります。
そしてドラマの終盤、ついにメバク商団の首領が意外な人物であることが明らかになります。

コルタこそ、その人であったという驚愕の事実でした。(第49話

[スポンサードリンク]

「奇皇后」コルタを演じるチョ・ジェウンとは

チョ・ジェウンは1974年生まれの俳優。
「子供向けのアニメの舞台演出」を皮切りに俳優へ転向したというユニークな経歴を持っています。

2014年に9歳年下のテレビショッピング司会の女性と結婚したことも話題になりました。
ドラマ『奇皇后』出演が縁で、結婚式にはハ・ジウォンの姿もあったとか・・・

ハ・ジウォンに憧れ、『奇皇后』への出演に志願、念願の共演を果たしました。

コルタがメバク商団の首領であると言う事実は、直前まで聞かされていなかったそうで、「チョ・ジェウン本人が一番驚いた」そうです。

「引用」:奇皇后(第3巻) [ 講談社 ]より

※photo by: Kstyle

チョ・ジェウンの主なドラマ出演作品

チョ・ジェウンは数多くのドラマや映画に精力的に出演しています。
脇役忠臣ですが、存在感のある演技が光ります。

『ヒット』(2007 MBC)、『イ・サン』(2007 MBC)、『エデンの東』(2008 MBC)、『ヒーロー』(2012 OCN)、『追跡者 THE CHASER』(2012 SBS)、『いとしの蝶々夫人』(2012 SBS)、『チョンウチ(田禹治)』(2012 KBS)、『フルハウス TAKE 2』(2012 SBS)、『九家の書』(2013 MBC)、『モンスター』(2013 tvN)、『剣と花』(2013 KBS2)、『主君の太陽』(2013 SBS)、『応答せよ 1994』(2013 tvN)、『奇皇后』(2013 MBC)、『ライアーゲーム』(2014 tvN)


[スポンサーリンク]



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


『奇皇后』あらすじ一覧 1話~25話
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話 10話
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
21話 22話 23話 24話 25話
『奇皇后』あらすじ一覧 26話~51話
26話 27話 28話 29話 30話
31話 32話 33話 34話 35話
36話 37話 38話 39話 40話
41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話
51話