奇皇后人物相関図

relation2

ヨンチョルが失脚すると、宮廷の人物相関と勢力図が一変します。

かつての盟友だった「丞相ぺガン」と「皇太后ブダシリ」はスンニャンの実力を恐れ反対勢力へ。

タルタルはぺガンの甥なので、一応ぺガン一派という事になりますが、スンニャンに一目置いている様子。


[スポンサードリンク]

主な登場人物とキャスト

●キ・スンニャン(ハ・ジウォン):奇皇后、元最後の皇后
●タファン(チ・チャンウク):元最後の皇帝、スンニャンの夫
●ワン・ユ(チュ・ジンモ):廃された高麗王、スンニャンの元主君
●ブダシリ(キム・ソヒョン):元の皇太后、タファンの叔母
●ヨンチョル(チョン・グクファン):元の宰相
●タナシルリ(ペク・ジニ):タファンの最初の皇后、ヨンチョルの娘
●タンギセ(キム・ジョンヒョン):元の将軍、ヨンチョルの長男
●ぺガン(キム・ヨンホ):元の将軍、タファンの忠実な部下
●タルタル(チン・イハン):元の将軍、ぺガンの甥、スンニャンの師
●マハ(キム・ジンソン):元の皇子、タナシルリの子(?)
●アユルシリダラ(キム・ジヌ):元の皇子、スンニャンの息子
●バヤンフト(イム・ジュウン):タファンの二番目の皇后

◇参考:キャスト・登場人物 一覧

一方、メバク商団のボスの存在が大きくなってきます。
(画像はクリックで拡大できます・・・別窓)

キ・スンニャン

元帝国最後の皇后となる高麗の貢女出身、ヨンチョル討伐後は貴妃

味方(元側)

ヨンチョルが失脚するとスンニャンの周囲は高麗出身の役人、宮女で固められるようになります。

皇帝タファン

スンニャンを愛する元帝国最後の皇帝

側近トクマン

高麗出身の元の内官、スンニャンを助ける

側近コルタ

皇帝タファン付の内官

内官パク・ブルファ

もと高麗の武官。スンニャンを守るため元の内官となる

尚宮ホンダン

高麗の貢女出身の女官、スンニャン付きの尚宮

敵(元側)

かつての盟友ぺガン将軍、皇太后ブダシリはスンニャンを警戒し敵側に回る。
そして、ぺガンの姪パヤンフドゥ(バヤンフト)が皇后としてスンニャンの前に立ちふさがる

皇后バヤンフト

ぺガンの姪、タルタルの従妹。優しげな外観とは正反対の残忍な性格

丞相ぺガン

ヨンチョルの後を受け丞相となる。大モンゴル帝国の復活に夢を馳せ、イルハン国、チャガタイハン国、高麗等の征服戦争に野望を持つ

将軍タルタル

ぺガンの甥だが、ややスンニャン寄り、文武両道の将軍でスンニャンの師匠。
後に元の丞相となる人物。

皇太后ブタシリ

皇帝タファンの叔母。最初はスンニャンと手を組むが、スンニャンの才覚に恐れをなし敵側に回る

側近チャン・スンヨン

元の文官。皇太后の腹心。

ソ尚宮

元タナシルリ付きの尚宮。タナシルリ誅殺後、皇太后のスパイとして皇后バヤンフト付きの尚宮として送り込まれる。

尚宮ヨンファ

元タナシルリ付きの女官、スンニャンに対し憎悪心を抱く。タナシルリ誅殺後、皇太后の意を受けてソ尚宮とともにバヤンフト付きの尚宮となる。

[スポンサードリンク]

敵(メバク商団)

ヨンチョルの莫大な資金源としてありとあらゆる悪事を行う邪悪な商団
元を思うまま操ろうとする影の権力

首領(謎の人物)

誰も顔を見たことがないという謎めいたメバク商団の首領

味方(高麗)

高麗王ワン・ユを取り巻く人たちで、スンニャンの元同僚たちがメイン

ワン・ユ(高麗王)

ヨンチョルを打倒した手柄で高麗王に返り咲く。スンニャンを愛し守ろうとする。

側近パン・シヌ

ワン・ユの忠実な側近、トクマンと親しい

護衛隊長チェ・ムソン

ワン・ユを守る武人で腹心的存在

護衛チョン・バキ

ワン・ユを守る武人で腹心的存在

味方(その他)

元帝国時代に巡り合った人物達

ヨンビス(突厥の長)

ワン・ユと同盟して突厥(チュルク)復活に夢を抱く首領。

マクセン/チョクホ(高麗村村長)

タファンの父に仕えた内官、ヨンチョルのクーデターで逃亡を図っていた人物。槍の名人で高麗村の村長。

「画像掲載元」:MBC公式サイト

[スポンサーリンク]



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


『奇皇后』あらすじ一覧 1話~25話
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話 10話
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
21話 22話 23話 24話 25話
『奇皇后』あらすじ一覧 26話~51話
26話 27話 28話 29話 30話
31話 32話 33話 34話 35話
36話 37話 38話 39話 40話
41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話
51話