悲劇のプリンス「マハ皇子」

150607_empress_maha奇皇后」に登場する「マハ」は雄壮偉大という意味を持つ元の皇太子。
歴史上は存在しない架空の皇子です。
子ができない皇后タナシルリが不妊治療で滞在したある寺から密かに連れてきた謎の赤ん坊でした。

タナシルリは、マハを自分が生んだ皇子だと偽り、まんまと皇太子の座につける事に成功します。
そして、丞相ヨンチョル一派の「政権奪取の切り札」として大事に育てられていました。
(photo by:©MBC)

(以下の内容はネタバレを含みます。)


[スポンサードリンク]

主な登場人物とキャスト

●キ・スンニャン(ハ・ジウォン):奇皇后、元最後の皇后
●タファン(チ・チャンウク):元最後の皇帝、スンニャンの夫
●ワン・ユ(チュ・ジンモ):廃された高麗王、スンニャンの元主君
●ブダシリ(キム・ソヒョン):元の皇太后、タファンの叔母
●ヨンチョル(チョン・グクファン):元の宰相
●タナシルリ(ペク・ジニ):タファンの最初の皇后、ヨンチョルの娘
●タンギセ(キム・ジョンヒョン):元の将軍、ヨンチョルの長男
●ぺガン(キム・ヨンホ):元の将軍、タファンの忠実な部下
●タルタル(チン・イハン):元の将軍、ぺガンの甥、スンニャンの師
●マハ(キム・ジンソン):元の皇子、タナシルリの子(?)
●アユルシリダラ(キム・ジヌ):元の皇子、スンニャンの息子
●バヤンフト(イム・ジュウン):タファンの二番目の皇后

◇参考:キャスト・登場人物 一覧

運命の転機

しかし、スンニャンに念願の皇子アユルシリダラが誕生すると状況は一変します。

タファンアユルシリダラをことのほか可愛がり、皇太子であるマハアユルシリダラを競わせ、どちらか優秀な方を後継者に選ぶと冷たい仕打ちをします。

タナシルリヨンチョルが反逆の罪で処刑された後、マハ皇太后の手で育てられることに。

しかし、マハは皇太后に「スンニャンとワン・ユは母タナシルリを死に追いやった仇」だと言い聞かされて育ちます。

成長したマハは弟のアユルシリダラを可愛がる優しい子でしたが、スンニャンとワン・ユだけには敵意をむき出しにします。

この事が、実に哀れです。

後に、ニセモノの皇子である事が露見したマハは立場を失い宮廷を追われることに。

奇皇后のあらすじ 第46話

[スポンサードリンク]

マハ誕生の秘密

マハには重大な秘密がありました。
そしてマハには悲しい結末すらも待っていたのです。

衝撃の事実

マハはスンニャンとワン・ユの間に生まれた赤ん坊・・・スンニャンが「ピョル(星)」と名付けた男の子でした。

ピョルと言う名前は、マハが生まれた時に足にあった星の形の痣(あざ)からとったもの。
父であるワン・ユが正式な名を与える前の仮の名前でした。

ところが、タンギセの襲撃からスンニャンが逃れる途中、ピョルとはぐれてしまい、スンニャンは死別したものと諦めていたのです。

悲しきマハ

最初にマハが自分の息子である事を知ったのはスンニャン。
やがてワン・ユもその事に気づきます。

一方、皇后パヤンフドゥ(バヤンフト)の刺客によって傷ついたマハは・・・

奇皇后のあらすじ 第47話

マハを演じるキム・ジンソン君とは

Jin-sang_Kimキム・ジンソンは2001年生まれの子役俳優です。
キム・ジンソン君は子役とはいえ、7歳の時から数々のドラマに出演しているツワモノ。

大人の俳優顔負けの出演経歴を持っているのです。
(photo by AsianWiki

主な出演ドラマ

メリは外泊中」、「お願い、キャプテン」、「女を泣かして」など。

歴史ドラマも多く出演しており、『大王世宗』2008年KBS、『階伯 ケベク』2011年MBC、『太陽を抱く月』2012年MBC、『大王の夢~王たちの戦争』2012-13KBS、『ホジュン~伝説の心医~』2013年MBCで熱演してくれました。

『太陽を抱く月』では幼い頃のヤンミョン君を演じました。


[スポンサーリンク]



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button


『奇皇后』あらすじ一覧 1話~25話
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話 10話
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
21話 22話 23話 24話 25話
『奇皇后』あらすじ一覧 26話~51話
26話 27話 28話 29話 30話
31話 32話 33話 34話 35話
36話 37話 38話 39話 40話
41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話
51話