刑事フォイルのあらすじ シーズン1 海外ミステリードラマ


第4話「レーダー基地」のあらすじ

原題:Eagle Day

フォイルは美術品盗難事件を追っていました。
そんな時、息子のアンドリューが逮捕されてしまいます。

プロローグ

事件の始まり

1940年8月・・・ドイツ軍の空爆によって損壊した家屋の跡から胸を刺された男の死体が発見されます。
彼の手には、謎めいた金のロケットが握りしめられていました。

犠牲者は屋敷の主人であるグラハム・デービスという人物でした。
デービスはロンドンの博物館の美術品を戦禍から守る為にウェールズへ運んだトラックの運転手だったのです。

フォイルは彼の死の原因には、その美術品が絡んでいるのではないかと疑うのでした。

- スポンサーリンク -

目次

アンドリューの初仕事

一方、フォイルの息子アンドリューは空軍での訓練を終え、最初の任務に大きな期待を抱いていました。

アンドリューに与えられた任務はトップシークレットで、ヘイスティングスにある最新のレーダー開発支援を行う部署への配属でした。

敵機に見立てたスピットファイア(戦闘機の名前)のパイロットとして、レーダーの性能を上げる支援を行っていたのです。

そんな頃、フォイルの専属運転手のサムは牧師である父の訪問を受け、しつこく家に帰る様に説得されていました。

事件の背後にあったもの

フォイルミルナーのデービス殺人事件を調査する過程で、彼が握りしめていた金のロケットは数か月前に謎の死を遂げた若い女性の持ち物で、盗まれた品である事が判明します。

彼女の名は、ルーシーでWAAF(婦人補助空軍)で働いていた女性でした。

そんな事から、美術品をウェールズに移送される機会を狙った窃盗の企てを知る事になったのでした。

アンドリューの災難

一方、息子のアンドリューが反逆罪で逮捕されるという予期せぬ事件が起こり、フォイルは父親として息子を救いたいと言う気持ちと、デービス殺人事件の捜査への義務感との間で動揺します。

そして、事件は意外な結末を迎えようとしていたのでした。

その頃、ヒトラーの「Eagle Day 爆撃作戦」(英国空軍壊滅作戦)が開始されようとしていました。

- スポンサーリンク -

感想

今回はかなり複雑で困難な展開がフォイルを待っていました。

殺人事件の解決と、父親として息子のアンドリューを救い出すこと、そして相棒のサムを希望通りフォイルの専属運転手として残れるように彼女の父親を説得してやる事、3つの難題を一度に解決せねばならないピンチでした。

フォイルは何事に対しても真剣です。




関連ページ

第1話「ドイツ人の女」
第4話「レーダー基地」|2002年に放送された『刑事フォイル』のシリーズの第1作目。
第2話「臆病者」
第4話「レーダー基地」|2002年に放送された『刑事フォイル』のシリーズの第1作目。
第3話「兵役拒否」
第4話「レーダー基地」|2002年に放送された『刑事フォイル』のシリーズの第1作目。