刑事フォイルのあらすじ シーズン2 海外ミステリードラマ


第6話「エースパイロット」のあらすじ(season2-2)

原題:Among the Few

プロローグ

ネタバレ注意

今回の事件捜査では、運転手のサムが大活躍!
どんな活躍を見せてくれるのでしょうか!?

そして、フォイルの息子アンドリューが事件の容疑者に!
一体どんな事情があったのでしょうか?

事件の始まり

事件は1940年9月に起こります。

国防市民軍兵の検問所で、フォイルサム(サマンサ・スチュワート)は1台の大型トラックがバリケードを強行突破する場面に遭遇し、カーチェイスを始めます。

ハンドル操作を誤って横転したトラックには近くの石油貯蔵所から盗まれたと思われる石油を入れた樽が満載されていました。
引火した石油が大爆発を起こし、トランクの運転手が死亡することに。

そこで、フォイルの指示で貯蔵所の内偵をするため、サムは石油貯蔵所のトラック運転手として潜入することに。

石油貯蔵所でサムはコニー・デュワーと言う女性ドライバーとパートナーを組むのですが。

- スポンサーリンク -

目次

アンドリュー・フォイル登場

ある日、コニーとサムは独身者のダンスパーティに招待されますが、偶然同じグループにアンドリューフォイルフォイルの息子)がいました。

コニーの恋人レックス・タルボットはRAF(英国空軍)のパイロットで、アンドリューの親友でした。

アンドリューは空軍であまたの実戦経験を経て、ベテランパイロットとして成長していたのです。

事件発生

一方、石油貯蔵所に潜入したサムは、コニーの死によって、不正が行われていたことを知る事に。

そして、コニーが石油横流しグループに関与していたことを確信します。

フォイルはコニーの殺害事件を調査することになりますが、彼女が死んだとき妊娠していたことに気づきます。

そんな頃、コニーと最後に会った人物だったとしてアンドリューがコニー殺害の容疑者として逮捕されてしまいます。

- スポンサーリンク -

感想

今回は、フォイルの運転手サムが初めて犯罪捜査に直接参加します!

期待以上の活躍でした、なかなか才能があるようです。

イギリのス戦時中は重要物資である石油は配給制となっていました。

こうした規制下にあっては、それを悪用した闇商売人も横行しており、不正や犯罪の温床だったようです。

今回の事件も、こうした戦争の事情を逆手に取ったワルたちの犯罪を描いていますが、またしても息子のアンドリューが、事件の容疑者として捕えらることに・・・

ついてないですネ!

真犯人は、またしても意外な人物でした・・・人の感情とはやっかいなものです。




関連ページ

第5話「50隻の軍艦」
第6話「エースパイロット」|2003年に放送された『刑事フォイル』のシリーズの第2作目。
第7話「作戦演習」
第6話「エースパイロット」|2003年に放送された『刑事フォイル』のシリーズの第2作目。
第8話「隠れ家」
第6話「エースパイロット」|2003年に放送された『刑事フォイル』のシリーズの第2作目。