刑事フォイルのあらすじ シーズン3 海外ミステリードラマ


刑事フォイル シーズン3

シーズン3は、2004年に放送されたシリーズの第3作目で、1941年2月から6月までの期間を描いたドラマです。

全部で4話構成構成のドラマシリーズとなっています。

目次

戦争は世界大戦へ拡大

1941年は、欧州における連合国と枢軸国(ドイツ・イタリア)の大戦から、ロシアやアフリカ、中東、アジアに至るまで戦争が拡大していく転機でした。

そして人類史上未曽有の第二次世界大戦に発展していくのです。

フォイルの葛藤

そんな時代背景の中、フォイルは警察官であり続けるより、自分はもっと戦争の役に立てるのではないかと葛藤していました。

- スポンサーリンク -


シーズン3記事一覧

原題:The French Dropネタバレ注意フォイルは事件の真相を知りながら、敢えてその事に沈黙を守ります。それにはフォイル自身の心の揺れが影響していたようです。プロローグ1941年2月のこと。占...

原題:Enemy Fireネタバレ注意ある航空整備士の死が波紋を呼びます。アンドリューも容疑者の一人として拘束されることに。プロローグ1941年2月のこと。英国空軍は由緒あるディグビー館を徴用し、外科...

原題:They Fought in the Fieldsネタバレ注意フォイルが追う、ある農場主の死が様々な憶測を生み捜査は混迷しますが、最後は単純な動機だったことがわかります。プロローグ1941年4月...

原題:A War of Nervesネタバレ注意フォイルとミルナーは爆弾処理班の若い兵士の首つり事件を捜査します。そこにはある搾取犯罪の秘密が隠されていました。1941年6月のこと。フォイルとミルナー...