刑事フォイルのキャスト、海外ミステリードラマ


サマンサ・スチュアート:フォイルの専属運転手

サマンサ・スチュワート(通称サム)は、フォイルの専属ドライバー。
第1話で、フォイルが運転ができない為、陸軍輸送部隊からスカウトされます。

事件の捜査に出かけるフォイルにとって文字通り「無くてはならない相棒役」です。

サムのキャラクター

サムは若い女性らしく陽気で活発な女の子。
頭の回転もなかなかのもの。

事件の捜査には直接関わりませんが、自分のアイデアや意見がどんどん飛び出します。
ところが、以外と事件解決のヒントになったりしてフォイルは大助かり。

- スポンサーリンク -

目次

時には捜査で大活躍

時にはフォイルの特命を帯びて捜査現場に潜入し、大活躍することもある行動的な女性。(第6話「エースパイロット」原題:Among the Few)

同僚のポール・ミルナーにとっても良き相談相手、心和ませてくれる存在であるようです。
戦争で傷を負って暗く沈んでいたミルナーがどんどん明るくなって行くのがその証拠でしょう。

サムの悩み

活発で屈託のないサムですが、父親は牧師でかなり厳格な家庭に育ったようです。
時々父親がサムのもとに現れ、家に帰るよう迫られ困ってしまうエピソードも登場します。(第4話「レーダー基地」

気になるアンドリューとの仲

さて、サムはドラマが進むにつれてフォイルの息子アンドリューと良い仲になって行くようです。(第8話「隠れ家」

アンドリューが空軍のパイロット養成機関の教官となってヘイスティングスを去ってからは暫く離れ離れになりますが、終戦後に再会します。(第19話「警報解除」

その後のサムとアンドリューにはどんな将来が待っているのでしょうか?

- スポンサーリンク -

ハニーサックル・ウィークス(Honeysuckle Weeks)

サムサマンサ・スチュワート)を演じるのは女優のハニーサックル・ウィークス。

彼女は、1979年生まれ、ウェールズの出身の女優。

2007年に結婚し一児の母。
(By Ian Brown LRPS (Own work) [Public domain], via Wikimedia Commons

「刑事フォイル」シリーズの出演が最も多いのですが、これ以外に2001年の「My Brother Tom」のサラ役、2011年のホラー映画「The Wicker Tree」のローリー役で登場しています。

「Honeysuckle Weeks - Biography - IMDb」 via IMDb

声優(山根舞)

山根舞は演劇や海外ドラマ・映画の吹き替えで活躍する女優・声優。

2014年末に日本で上映され、『アナと雪の女王』と並ぶヒット作となったディズニー映画『ベイマックス』でハニー・レモンの吹き替えを担当しました。

- スポンサーリンク -


関連ページ

クリストファー・フォイル
サマンサ・スチュワート|『刑事フォイル』の登場人物とキャストの紹介。
ポール・ミルナー
サマンサ・スチュワート|『刑事フォイル』の登場人物とキャストの紹介。
アンドリュー・フォイル
サマンサ・スチュワート|『刑事フォイル』の登場人物とキャストの紹介。