刑事フォイルのキャスト、海外ミステリードラマ


アンドリュー・フォイル:フォイルの息子

アンドリュー・フォイルはフォイルの一人息子です。

アンドリューはオックスフォード大学で数学を研究する秀才ですが、在学中にRAF(Royal Air Force、英国空軍)に召集され、スピットファイアのパイロットとなることに。(第1話「ドイツ人の女」German Woman)

英国空軍のエースパイロット

空軍では戦隊の隊長を務め、名誉ある空軍十字勲章(DAF,Distinguished Flying Cross)を授与された英雄です。

事件捜査には直接かかわることはないが、何故かフォイルが担当する事件の容疑者になったりしてフォイルを心配させます。(第4話「レーダー基地」 Eagle Day、第6話「エースパイロット」 Among the Few等)

- スポンサーリンク -

目次

サムとのロマンス

フォイルの運転手サムとのロマンスも…。(第8話「隠れ家」The Funk Hole)

また、空軍パイロットとして活躍する中、常に死と隣り合わせの戦闘に疲れて、一時期無断で姿をくらますという騒ぎを起こしますが、サムフォイルの説得と上官の配慮によって危機を乗り越えます。(第10話「癒えない傷跡」Enemy Fire)

その後、前線に復帰したアンドリューは活躍をつづけ、終戦と共に再びヘイスティングスへ戻ってきます。( 第19話「警報解除」All Clear)

- スポンサーリンク -

ジュリアン・オヴェンデン(Julian Ovenden)

アンドリューフォイル役を演じるのは、俳優のジュリアン・オヴェンデン(Julian Ovenden)

ジュリアン・オヴェンデンは、1976年生まれ、イギリスのシェフィールド出身。
(photo by: IMDb)

経歴・主な出演作品

ジュリアン・オヴェンデンは、子供の頃から歌が好きで、後に名門のイートン校へ奨学生として通ったと言う経歴があります。(大学でも合唱の学位を取得)

代表作としては、「刑事フォイル」を始め、「ダウントン・アビー」のシーズン4、5(チャールス・ブレイク役)、2014年の戦争アクションイギリス映画「Allies」等に出演しています。

ダウントン・アビー

私も知らなかったのですが、隠れたエピソードとして、先祖が戦闘機乗りだった事が、「刑事フォイル」での役柄に大いに役立ったととの事で、このドラマはまさに運命の出会いだったのかも知れません。

引用:「叔父や祖父が、第二次世界大戦中にSpitfires(英軍戦闘機)で飛行した経験があり、彼らの話や、豊富な 文献が本作でアンドリューを演じることに大いに役立った」 via 刑事フォイル|AXNミステリー

声優(福田賢二)

アンドリュー・フォイルの吹き替えをする声優さんは俳優でもある福田賢二さん。

数々のドラマや映画『武士の一分』にも出演していますが、声優としての活躍にはすごいものがあります。

人気アニメシリーズの『NARUTO -ナルト- 疾風伝』(シー役)、海外ドラマシリーズの『クリミナル・マインド』、『CSIシリーズ』、『SHERLOCK (シャーロック)2』、映画『GODZILLA ゴジラ』、韓国ドラマにも吹き替えで登場しており、数え上げればキリがないほどです。

- スポンサーリンク -


関連ページ

クリストファー・フォイル
アンドリュー・フォイル|『刑事フォイル』の登場人物とキャストの紹介。
ポール・ミルナー
アンドリュー・フォイル|『刑事フォイル』の登場人物とキャストの紹介。
サマンサ・スチュワート
アンドリュー・フォイル|『刑事フォイル』の登場人物とキャストの紹介。