刑事フォイルのあらすじ、海外ミステリードラマ


刑事フォイル シーズン8

刑事フォイル シーズン8は、2015年に放送されたシリーズの第8作目。
1946年10月から1947年1月までの期間を描いたエピソードで、3話構成となっています。

目次

刑事からMI5のエージェントへ

第二次世界大戦中は探偵警視正として悪と戦ったフォイルは、現在MI5(英国機密諜報部)の捜査官。
正義を貫きながら国家の安全を守る為に活躍しています。

- スポンサーリンク -

シーズン8 収録話

26話 High Castle(ハイキャッスル)(season8-1)
27話 Trespass(エルサレムの悲劇)(season8-2)
28話 Elise(エリーズのために)(season8-3)

この3話のエピソードでは、東西冷戦のさなかに実際に起きた歴史上の事件にヒントを得てストーリーが展開されます。

シーズン8の始まり

1946年10月。

第二次世界大戦においてドイツが犯した戦争犯罪を裁いたニュルンベルク裁判が終了した頃のことです。
(裁判は1945年11月20日から1946年10月1日まで続いた)

このニュルンベルグ裁判では、戦犯裁判と共にナチスドイツに加担した企業人たちも対象とされていたのです。

フォイルは英国の諜報機関で働くエージェント。
ロンドンパークで大学教授のウィリアム・ノールズが殺害される事件が起き、フォイルは崩壊したナチのビジネスマンの闇の世界へ引き込まれていく事に。

ノールズ教授がニュルンベルグ裁判で通訳を務めていた事実が明らかになると、フォイルは事件の背後に戦争の秘密を隠そうとする大きな力が働いていることを察するのでした。

第26話 ハイキャッスル

- スポンサーリンク -


シーズン8記事一覧

ネタバレ注意フォイルは英国の諜報機関MI5で働く諜報部員として活躍しています。一方、サムは結婚し幸せな家庭を築いていますが、フォイルの役に立ちたいと思い続けていました。プロローグ物語は4年前に遡ります...

ネタバレ注意物語は、史実のキング・ダビデ・ホテル爆破の映像から始まり、物語を通してユダヤ人のテロリストや反ユダヤ主義テロリスト双方の活動についてフォーカスを当て展開されていきます。プロローグ当時、パレ...

ネタバレ注意『刑事フォイル』最終話です。フォイルの同僚の暗殺未遂事件の裏には、戦時中の驚くべき、そして暗い側面が隠されていました。原作者のアンソニー・ホロヴィッツが語っているように、このエピソード「エ...