New! 『雲が描いた月明かり』の概要とみどころを追加しました。

New! 『雲が描いた月明かり』のキャスト・登場人物を追加しました。

雲が描いた月明かり 16話 あらすじ(キム・ユジョン、パク・ボゴム)

あらすじ一覧

『雲が描いた月明かり』第16話 あらすじ 捕らえられたホン・ギョンネに会うため密かに牢獄に侵入したラオンは、内禁衛によって逮捕されます。尋問場で取り調べを受けるギョンネを救出しようと白雲会のメンバーが乱入し、ビョンヨンがヨンを人質にとってしまうのですが!

雲が描いた月明かり 14話 あらすじ(キム・ユジョン、パク・ボゴム)

あらすじ一覧

『雲が描いた月明かり』第14話 あらすじ ラオンが宮廷から消えた後、ヨンはその寂しさから周囲の者に辛く当たったり、放心状態になったり。ラオンも寂しさに耐えていましたが、ある時ラオンに父親の事を説明したいという手紙が届けられ、指定の場所へ行ってみると、そのに現れた人物は!

雲が描いた月明かり 9話 あらすじ(キム・ユジョン、パク・ボゴム)

あらすじ一覧

『雲が描いた月明かり』第9話 あらすじ ラオンを世界でいちばん大事な女性として扱うと愛の告白をしたイ・ヨン。しかし、ラオンはヨンに対して「自分は確かに女ですが、これまで女として生きた事はありません」と告げ、その場を立ち去ります。ヨンとラオンは気づきませんでしたが、その会話をビョンヨンが聞いていました。

雲が描いた月明かり 8話 あらすじ(キム・ユジョン、パク・ボゴム)

あらすじ一覧

第8話 あらすじ イ・ヨンは、ラオンに自分の気持ちを告白しようと、手紙を持って資?堂を訪ねますが、ユンソンにもらった女物の服を着たラオンを見て、ラオンが王の誕生日祝いで舞を踊った踊り子だったことを知るのでした。そしてヨンはラオンに直接会い、愛を告白しようと決心します。

雲が描いた月明かり 7話 あらすじ(キム・ユジョン、パク・ボゴム)

あらすじ一覧

第7話 あらすじ 告白 清国使節のモク太監からラオンを救ったイ・ヨンは、今迄以上にラオンに気を使うようになっていました。そのせいで、「世子は男が好きなのでは?特にホン内官にご執心だ」という噂が駆け巡ります。ヨンは心配するラオンに、噂など気にするなと励ましますが、本心では自分が何故男に惹かれるのかわからず悩んでいたのです。

雲が描いた月明かり 5話 あらすじ(キム・ユジョン、パク・ボゴム)

あらすじ一覧

第5話 あらすじ 願いは何? 王の誕生祝いの宴で舞を踊った舞姫(ラオン)の行方を捜すイ・ヨンと内官達から彼女を隠したのはユンソンでした。ユンソンの機転でラオンが女である事をイ・ヨンに悟られずに済みます。しかしヨンは、踊り子がひょっとしてラオンではないかと疑いを抱くのでした。

雲が描いた月明かり 3話 あらすじ(キム・ユジョン、パク・ボゴム)

あらすじ一覧

第3話 あらすじ 私は後ろにいる イ・ヨンのお陰で、ラオンは命拾いをする事に。また、ラオンが白紙で出した答案も、イ・ヨンの「答えは以前に聞いた」という不可解な一言で合格が決定します。そんなわけで、ラオンは本人の意思とは裏腹に内官(宦官)として採用されたのです。

雲が描いた月明かり 2話 あらすじ(キム・ユジョン、パク・ボゴム)

あらすじ一覧

第2話 あらすじ あなたへと続く道 宮廷から逃げるラオンの前に立ちふさがったのは、武人の姿をした男の姿(実はイ・ヨン)。それは、街で出会い穴の中に置き去りにした両班の若者でした。(ラオンは彼がイ・ヨンである事を知りません)その若者の顔を見て、ラオンは、「次に会ったら何でもする」と約束したときの事を思い出すのでした。

ページの先頭へ