第9話 心の鍵が開くとき

雲が描いた月明かり」の あらすじ を紹介しています。内容にはネタバレを含みますのでご注意ください。

これからは、ラオンを世界でいちばん大事な女性として扱うと愛の告白をしたイ・ヨン

しかし、ラオンはヨンに対して「自分は確かに女ですが、これまで女として生きた事はありません」と告げ、その場を立ち去ります。

ヨンとラオンは気づきませんでしたが、その会話をビョンヨンが聞いていました。

そして、ラオンが謀反の首謀者ホン・ギョンネの娘である事を知っている彼は葛藤します。

[スポンサーリンク]



ラオン、東宮殿を去る

ソン内官長の許しを得て、ラオンは東宮殿を去り側室の淑儀・パク氏(スギ パクシ)の屋敷担当となります。

ラオンの異動を知ったヨンは、ラオンにその理由を問いますが、結局話はまとまりません。

そうこうする内、かくれんぼをしていたパク氏の娘で幼いヨンウン王女が行方不明になると言う事件が発生します。

実は、かくれんぼ中に領議政のキム・ホンの姿に怯えて蔵に逃げ込んでしまい、それに気づかない女官に鍵をかけられてしまったのでした。

夜になって、ラオンが王女が閉じ込められている事に気付き、彼女を外に出しますが、ヨンウン王女は失語症だったのです。

ヨンウン王女のトラウマ

ヨンウン王女は、数年前のショッキングな出来事でしゃべる事が出来なくなっていました。

王女は、領議政が、イ・ヨンの母親の死の真相を知る女官を殺害した現場をたまたま目撃した後、大きなショックを受けて、その恐ろしい体験を心の中に封じ込めていたのです。

photo by © KBS

そこで、ラオンは王女に手話を使って相手と意思疎通する方法を教え、「私たちは似た者同士で、自分も王女のように沢山の事を隠して生きています」と打ち明けます。

そして、幼い王女に「私たちはいつになったら、自分の手で扉を開いて出て行けるようになるのでしょうね」と本心を明かすのでした。

ユンソンの怒り

その頃、ヨンは、大臣たちの会議への出席ボイコットと宮殿の門前での儒学生たちの抗議に困り果てていました。

[スポンサーリンク]

ユンソンは、世子を助けようとしますが祖父の領議政に諫められる事に。

領議政のキム・ホンはユンソンが科挙改革を唱えるイ・ヨンの側に付いたことを叱り飛ばします。

領議政はユンソンに「政治とは人々と仲良くすることではない。人々を権力で導く事が政治なのだ」と諭すのでした。

祖父の言葉に対して、ユンソンは真っ向から反論し、結婚も自分の好きな女性とすると言い放ちます。

ブレスレットの本当の意味

一方、ハヨンは、仲良くなったホン内官(ラオン)に世子との恋愛相談中。

たまたまラオンが腕に嵌めていた「永遠のブレスレット」の本当の意味を教えるのでした。

ホンはそれを聞き、心中おだやかではありません。

ますますヨンを避けるようになってしまいます。

その後、ラオンはイ・ヨンと書庫で会いますが、彼女はブレスレットを返し、「宮殿を去る事をお許しください」と告げるのでした。

歩み寄り

臣下たちと摩擦を起こしているいヨンを心配した師匠のチョン・ヤギョンがやって来て、ヨン「最初は科挙の不正を無くす事が目的だったはずですが、今は戦いに勝つ事が目的なのですか、それとも変革の為なのですか?」と問います。

そして、「初心を貫くという事はそれほど困難を伴うものなのです」ヨンを諭すのでした。

師匠の助言を聞いたヨンは領議政に、「科挙のやり方は今まで通りにするので会議に戻ってほしい」と伝えます。

これを聞いた領議政は、世子の申し入れを受け、事はいったん収まります。

科挙が実施され、今まで通りカンニングで乗り越えようとする受験生達の前にヨンが現れて新しい課題を出します。

「正解は無いが、自分の思うところを述べよ。朝鮮の未来の為に多様かつ斬新なアイデアを望んでいる」と。

心の鍵を開けたラオン

自分を避け続けるラオンに痺れを切らしたヨンは、ラオンを呼び出し、ラオンがヨンウン王女に教えた手話を使って、「お前を愛している。だから側にいて欲しい。」と伝えます。

次の日、ラオンは女性の服を着て、宮殿の庭園でヨンの前に現れるのでした。

photo by © KBS

しかし、その時、王がイ・ヨンの婚儀をハン内官に命じていたことをまだ二人は知らなかったのです。

周りは領議政の一派ばかりの世子に味方を作ってやろうという王の配慮でした。

[スポンサーリンク]

雲が描いた月明かり あらすじ一覧