第17話 始まりの為の終わり

雲が描いた月明かり」の あらすじ を紹介しています。内容にはネタバレを含みますのでご注意ください。

ビョンヨンは、「世子の命を助けたくば剣を置け!」と周りを威嚇。

ハン内官が「世子を救うため、道を空けろ!」と一喝し、ラオンとホン・ギョンネは尋問場からの脱出に成功します。

[スポンサーリンク]



ビョンヨン倒れる!

脱出を見届けたビョンヨンが剣を下ろすと、兵たちが放った矢がビョンヨンの体を貫きます!

必死に兵を制止するヨンですが、ビョンヨンは地面に倒れ伏すのでした。

ヨンは倒れたビョンヨンを抱き起しますが、ついに力尽きる事に。

一方、ラオンギョンネは、追い付いた義禁府の兵に囲まれますが、ハン内官が盾となり、無事城外へ。

ユンソンがビョンヨンの亡骸を引き取ろうとした時、ビョンヨンの指が微かに動くのでした!

世子廃位

ひと月後。

ラオン・ロスのヨンは、気晴らしに酒楼へ出かけても寂しさは紛れません。

便殿での会議や政務もおろそかになってしまい、ヨンの廃位まで持ち上がる始末でした。

領議政や吏曹判書を始め大臣達が、純祖に決断を迫ります。

領議政は、ヨンを廃位し、王妃が生んだ(?)王子の世子冊封を狙っていたのです。

生きていたビョンヨン

ビョンヨンは一命を取り留めますが、昏睡状態でした。

ヨンが、茶山先生に容体を尋ねると先生は、傷は殆ど治癒したが、意識だけが回復しないので、もう少し様子を見ると答えます。

photo by © KBS

帰り際、「キム一族の動静は抜かりなく調べ上げている」とヨンが先生に告げます。

ヨンは、腑抜けの振りをして、領議政一派の一掃を着々と進めていたのでした。

女の赤ん坊の行方

以前、領議政が尋ねてきた時のこと。王妃はユンソンに言われたことを思い出していました。

それは、「宮廷外へ密かに出された女の赤ん坊」に対する脅迫でした。

その後、始末したはずの女の赤ん坊が生きていて、妓房で匿われていると知る事になったのです。

後日、王妃ユンソンを呼び出すと、彼は「本当の事を王に打ち明ける最後のチャンスを与えます」と告げるのでした。

しかし、この会話を領議政が立ち聞きしていたのです…

意識回復したビョンヨン

そんな頃、突然ラオンが茶山先生を訪ねてきます。

ラオンビョンヨンの容体を確かめるためにやって来たのでした。

まだ目が覚めないビョンヨンに心配そうに話しかけるラオンの言葉に反応し、ついにビョンヨンが意識を回復したのです!

刺客の黒幕

[スポンサーリンク]

ヨンは東宮殿でチョン・ドクホを待っていました。

ドクホが現れ、「東宮殿を襲った刺客を雇った男を捕えた」と報告します。

photo by © KBS

便殿では吏曹判書が純祖に、最近の世子のだらしない行動を報告し、世子の廃位を大臣達とともに上訴していました。

そこにヨンが現れ、面白い話を聞かせると言い出します。

動かぬ証拠

ヨンは床に数枚の人相書きを広げ、吏曹判書に誰か知っている人物がいるかと尋ねます。

知らないと否定する吏曹判書に、ヨン「死人に口なしとはこの事だが、多くの証拠を残していた」と気になる発言を。

そして、「ついに黒幕の正体を突き止めた」と罪人を引っ立てます。

ヨンの「刺客を集めろと命令した者は誰だ?」との問いに、罪人は吏曹判書と礼曹判書の二人を指さすのでした!

続けて、判義禁府事が「刺客たちに渡った土地や金の出所が、吏判の所有していた物に相違ない」と証言。裏帳簿を提出します。

吏判と礼判は懸命に否定しますが、義禁府で取り調べを受ける事に!

その後、領議政と二人きりになったヨンは、女の人相書きを見せ、「暫く前に、出産して死んだ女官だが、子供の行方は今だわからない。何か隠された秘密でもあるのだろうか、気にならないか?」と尋ねます。

しかし、領議政は沈黙したままでした。

宮廷にやって来た赤ん坊

王妃は女の赤ん坊が匿われている妓房の女主人を訪ね、赤ん坊の居どころ聞くと、先ほど宮廷からやって来た人物が連れて行ったと答えます。

王妃は、思わぬ成り行きに驚愕するのでした。

photo by © KBS

妓房から戻った王妃は、世子嬪のハヨンと女官達が赤ん坊をあやしている場面に遭遇しショックを受けます。

王妃は、赤ん坊を宮廷に連れてきたのは世子だと知り、さらに驚くことに。

一方、王妃を訪ねた領議政は、偽の王子を世子にする訳にはいかないと告げていました。

王妃は驚き、去ろうとする領議政を引き止めます。

そして、「妓生の娘で卑しい女を王妃の座に据えた事が知れれば、王室を侮辱する反逆行為だと思わないか?」と領議政を脅迫するのでした。

毒入りの薬湯

領議政は自室で、8年前の占い師の言葉を思い出していました。

ヨンは短命に終わるだろうというその言葉を…

photo by © KBS

ハヨンがヨンの所に薬湯を運ばせ、やって来ます。

ヨンは、ハヨンに促され、渋々薬湯を飲み始めます。

ところが、自分の銀の指環が変色したのに気付いたハヨンが急いで止めようとしますが、既に薬湯を飲んでいたヨンが倒れてしまうのでした!

感想

ビョンヨンが回復し皆が喜ぶ中、今度はヨンが倒れてしまいます!

毒入りの薬湯を飲んだヨンは無事なのでしょうか!?

[スポンサーリンク]

雲が描いた月明かり あらすじ一覧