あらすじ 第06話

第06話

【火の女神ジョンイ第6話・副都堤への降格】

クァンヘグンは自分の物を盗んだろうとジョンに言い、ジョンは疑われてしまいます。
ところがジョンは泥棒の顔を見たとクァンヘグンに言い、クァンヘグンと一緒に犯人探しをすることになってしまったのです。

ジョンはクァンヘグンから隙を見て逃げだそうとしますが、運悪くクァンヘグンに捕まってしまいます。


(photo by: imbc.com


スポンサーリンク

ニュース!


目次

引用:「ジョンは光海君に玉帯を盗まれたと告げ、逃げようとしたジョンは再び光海君から捕まえられる。お互いの手首を縛ったまま歩くことになったジョンと光海君。玉帯を失ったことで宣祖は激怒し、罰で光海君は分院の都提調の職を取り上げられることになり、副都提として信城君に仕えることになってしまう。」via imbc.com

第06話のあらすじ(続き)・・・

そんな2人が犯人探しをしていると、男達から尾行されていることに気付きました。
クァンヘグンは男達と戦い、ジョンはクァンヘグンに逃げろと言われますが、石を投げて応戦します。
しかし投げた石はクァンヘグンに当たってしまうという羽目に。
クァンヘグンが男達を倒し、クァンヘグンが盗まれた物が大事な物だということをジョンは聞かされ、探そうとします。
しかし、ジョンはその後クァンヘグンとはぐれてしまう事になるのでした。

一方テドはある物をソン行首に渡しに行っていました。
そこでソン行首からウルタムの形見の茶器を手に入れます。
テドがソン行首に渡したある物とはクァンヘグンの玉帯で、玉帯を盗んだのはテドだったのです。

ソンジョ王はクァンヘグンが玉帯を失くした事を知り激怒します。
クァンヘグンは罰を受け、職の格を下げられソンジョ王の側室の息子で、腹違いの弟であるシンソングンに仕える事になってしまうのでした。

第6話の感想

ジョンがクァンヘグンから逃げようとしても、結局離れられない二人に運命を感じました。
そんなジョンが、逃げる事なく石を投げる姿は昔のお転婆ジョンを思い出します。
一方、クァンヘグンの玉帯を盗んだのがテドだった事に驚き、そのせいでクァンヘグンが降格したのは気の毒でした。

スポンサーリンク

「火の女神ジョンイ」参考情報
公式サイト情報
「火の女神ジョンイ」

火の女神ジョンイ」は、ムン・グニョン(「メリは外泊中」)主演の歴史エンターテイメントドラマ。
朝鮮で初の女沙器匠(王のための器を作る陶工職人・サギジャンと読みます)となった女性のサクセスストーリーです。

【PRムン・グニョン主演、火の女神ジョンイ<ノーカット完全版> DVD-BOX

「火の女神ジョンイ」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button