あらすじ 第12話

第12話

【火の女神ジョンイ第12話・テピョンの正体】

ジョンは明の使臣に捕まってしまいました。
扱いの悪さにジョンはなぜこんな事をするのかと言いますが、恥をかかせたのだから当たり前だろうと言われてしまいます。

明の使臣にお前は死ぬために行くのだと言われ驚くジョン
ジョンは明の使臣に悪い事をしたと謝罪するように命令されるのですが、ジョンは何も悪い事はしていないと言い、どうせ死ぬのならと言いたい放題言ったことによって、腹を立てた明の使臣はジョンを倉庫に連れて行くのでした。


(photo by: imbc.com


スポンサーリンク


目次

引用:「光海君が時間を稼いでいる間にテドは、倉庫に閉じ込められたジョンを発見し、光海君はジョンの後ろ姿を見て、過去の記憶を思い出す。テドはジョンに絶対ジョンだと知られてはいけないと呼びかける。分院に帰ってきたジョンはロクロ回しを学びたいと頼む・・・。」via imbc.com

第12話のあらすじ(続き)・・・

一方テドはジョンを助けに行こうとしていました。
そこにクァンヘグンが来るのですが、少し待つようにというクァンヘグンに対しテドはもう行かせて下さいと意見は食い違います。
しかしクァンヘグンは一緒に助けるからと言い、2人は協力する事になりました。
そしてクァンヘグンとの協力の末、テドはジョンを助ける事に成功するのです。

ジョンは父親の為ではなく、純粋に沙器匠(サギジャン)になりたいという気持ちが自分にあることに気づいて分院(プノン)に戻りました。
分院ではユクトがジョンに褒美をやると言い、ジョンはろくろ回しを教えて欲しいとお願いするのでした。

そんな中、クァンヘグンはテピョンという名の女はジョンだという事に気づいてしまったのです。

第12話の感想

明の使臣にまんまと騙されたジョン、それでも勝気なジョンは命を奪われるかも知れないのに、立ち向かう姿は勇敢でした。
クァンヘグンから少し待つよう言われたテド、自分の愛する女性だったので苛立ちを覚えたようです。
そして、テピョンがジョンだと気付いたクァンヘグン、これからどのように接していくかが楽しみになりました。

スポンサーリンク

「火の女神ジョンイ」参考情報
公式サイト情報
「火の女神ジョンイ」

火の女神ジョンイ」は、ムン・グニョン(「メリは外泊中」)主演の歴史エンターテイメントドラマ。
朝鮮で初の女沙器匠(王のための器を作る陶工職人・サギジャンと読みます)となった女性のサクセスストーリーです。

【PRムン・グニョン主演、火の女神ジョンイ<ノーカット完全版> DVD-BOX

「火の女神ジョンイ」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button