引用:「ジョンがウルタムの娘だと知ったガンチョンはジョンを分院から追い出し、ムンは分院の人々が集まったところでガンチョンに土下座する。ジョンに勝つために生きるというファリョンの言葉にテドは衝撃が走る。そして奢老宴の大成功に満足した宣祖は、光海君とガンチョンに労いの言葉を掛け・・・。」via imbc.com

あらすじ 第17話

第17話

【火の女神ジョンイ第17話・男は初恋を忘れぬもの】

ジョンはガンチョンにウルタムの娘だろうと問い詰められ、ジョンは正直にそうだと答えます。
死んだと聞いていたのに、なぜ私の前にいるんだと聞くガンチョン。
それはあなたの前に戻ってくると約束したからだ、と答えるジョン
怒ったガンチョンはジョンの頬を叩き、ジョンは水の中に落ちてしまうのでした。

ガンチョンは、私の許可無しにこの女を分院(プノン)に入れるなと言い放ち、ジョンを分院から追い出してしまいます。
そして怒りが収まらないガンチョンは、ジョンをどう始末しようか考えるのでした。


(photo by: imbc.com


スポンサーリンク


目次

第17話のあらすじ(続き)・・・

ジョンは分院から追い出され、とても悲しみました。
ファリョンはそんなジョンを見ていましたが、何も言わずに立ち去るだけです。

その事を知ったジョンの師匠のサスンはガンチョンの所へ行き、私の弟子のテピョンを追い出すとは、と言いました。

そこでガンチョンに、テピョンとはジョンの事だろうと言われるとサスンは驚きを隠せません。
サスンは分院のみんなの前でガンチョンに土下座をして、ジョンの沙器匠(サギジャン)になる夢を壊さないでくれと言います。

一方テドは、なぜジョンの秘密をガンチョンに言ったのだとファリョンを責めますが、ジョンに勝つためなら何でもするとファリョンは言うのでした。

第17話の感想

ついにガンチョンに白状したジョン、その眼には強い想いが感じられました。
そして、ジョンの為に土下座までした師匠のサスン、ジョンの周りにはたくさんの味方がいます。
しかし敵も多く、ガンチョンとジョンに嫉妬するファリョン、恐ろしくなってきました。

スポンサーリンク

「火の女神ジョンイ」参考情報
公式サイト情報
「火の女神ジョンイ」

火の女神ジョンイ」は、ムン・グニョン(「メリは外泊中」)主演の歴史エンターテイメントドラマ。
朝鮮で初の女沙器匠(王のための器を作る陶工職人・サギジャンと読みます)となった女性のサクセスストーリーです。

【PRムン・グニョン主演、火の女神ジョンイ<ノーカット完全版> DVD-BOX

「火の女神ジョンイ」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button