あらすじ 第21話

第21話

【火の女神ジョンイ第21話・壺の蓋】

ジョンはガンチョンに会い、ガンチョンと話をします。
そしてジョンは、分院(プノン)に残ってガンチョンの格を下げてやろうと宣言しました。

それを聞いたテドは危険だからやめておけと言うのですが、ジョンはウルタムを殺した真犯人を見つけるまではここに残ると言います。

テドはそれは自分がやると言いますが、ジョンはこれは自分の事だから自分で解決をするのだとテドに言いました。

ジョンは師匠のサスンの部屋へ行き、私は分院に残る事にしたとサスンに話します。


(photo by: imbc.com


スポンサーリンク


目次

引用:「分院に残ることを決意したジョン。テドは危険だと反対するが、ジョンはガンチョンを郎庁の座から引きずり下ろすと宣言する。一方、光海君は家に帰ったはずのジョンと分院で出会い、思わず顔をほころばせる。そんな中、宣祖のお気に入りの壺の蓋が割れ、ユクトとジョンは蓋作りで勝負をすることに。」via So-net

第21話のあらすじ(続き)・・・

翌朝、ジョンを心配したファリョンの父親のジョンスはジョンに声をかけ、ジョンはガンチョンに何をされても耐えてみせると言うのでした。

一方クァンヘグンは、分院にいるジョンと会い思わず笑みを浮かべてしまいます。
クァンヘグンは、ジョンは家に帰っていたものだと思っていました。

そんな中、ソンジョ王の壺の蓋が割れてしまいます。

ソンジョ王は蓋だけを直すように命令をしますが、承諾したガンチョンに対し息子のユクトはそれはとても難しい事だと話しました。

するとガンチョンは、ジョンなら絶対にあきらめないだろう、とユクトをけしかけるのでした。
ソンジョ王は、壺の蓋を作る勝負をさせることを思いつきます。

そしてジョンとユクトは壺の蓋作りを巡って勝負する事になるのでした・・・。

第21話の感想

ジョンとガンチョンの真っ向勝負が始まり、心配するテドの気持ちがよく分かります。
相変わらず気が強いジョン、それがゆえにこの先が気がかりです。
そしてガンチョンがけしかけ再び勝負が始まり、二人が今どれくらいの実力か楽しみになりました。

スポンサーリンク

「火の女神ジョンイ」参考情報
公式サイト情報
「火の女神ジョンイ」

火の女神ジョンイ」は、ムン・グニョン(「メリは外泊中」)主演の歴史エンターテイメントドラマ。
朝鮮で初の女沙器匠(王のための器を作る陶工職人・サギジャンと読みます)となった女性のサクセスストーリーです。

【PRムン・グニョン主演、火の女神ジョンイ<ノーカット完全版> DVD-BOX

「火の女神ジョンイ」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button