あらすじ 第22話

第22話

【火の女神ジョンイ第22話・王子でなければいいのか?】

ジョンはある事情から勝負はやめるとユクトに話します。
ユクトはそんな事で自分の夢をあきらめるのかと言い、ジョンには失望したとユクトは言うのでした。

壺の蓋ができあがり、2人はソンジョ王に蓋の評価をしてもらいます。
ジョンの蓋はソンジョ王にものすごく褒められました。

しかし、慣れた物の方がいいとソンジョ王はいい、ユクトの蓋を選びました。
勝負はユクトの勝利となり、ユクトは大いに喜びます。


(photo by: imbc.com


スポンサーリンク

ニュース!


目次

引用:「宣祖が選んだのはユクトが作った蓋だった。ジョンは王室にふさわしい磁器とは何かをユクトから学ぶ。一方、光海君は大提学の流刑を取りやめてほしいと宣祖に訴えるが、宣祖は聞く耳を持たない。その頃、仁嬪キム氏は光海君を反逆罪に陥れようと計略を練っていた。」via So-net

第22話のあらすじ(続き)・・・

そしてジョンは素直にユクトの実力を認めるのでした。

王室にふさわしい物というのを、勝負を通じてユクトから学んだジョン
その後、ジョンは師匠のサスンと修行に励みます。

一方、テジェハクという者を島流しにしようと計画していたソンジョ王。
クァンヘグンはそれはやめてくださいとソンジョ王に言います。

ソンジョ王はテジェハクに対して誤解をしていたのですが、ソンジョ王は聞く耳を持ちません。

ソンジョ王の側室のインビンも、島流しの件を聞き喜びます。
クァンヘグンがイライラしていると、そこへ兄のイメグンが来て嫌みを言うのでした。

そんな中インビンは、クァンヘグンを陥れようと計画しています。
そして、手紙をクァンヘグンが書いたというように偽造するのでした。

第22話の感想

勝負を諦めようとしたジョンを説得したユトク、見直しました。
今回の勝負では、ライバルでありながらもお互いを認め素晴らしかったです。
一方で、インビンの企みによって急展開を迎えそうで恐ろしくなってきました。

スポンサーリンク

「火の女神ジョンイ」参考情報
公式サイト情報
「火の女神ジョンイ」

火の女神ジョンイ」は、ムン・グニョン(「メリは外泊中」)主演の歴史エンターテイメントドラマ。
朝鮮で初の女沙器匠(王のための器を作る陶工職人・サギジャンと読みます)となった女性のサクセスストーリーです。

【PRムン・グニョン主演、火の女神ジョンイ<ノーカット完全版> DVD-BOX

「火の女神ジョンイ」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button