あらすじ 第23話

第23話

【火の女神ジョンイ第23話・桃の木】

ジョンとクァンヘグンが一緒にいる所に官軍が来て、ソンジョ王が呼んでいるとクァンヘグンに伝えます。

クァンヘグンはソンジョ王の所へ行き、なんで呼ばれたか分かるなと言われますが、クァンヘグンは呼ばれたから来ただけですと言いました。

ソンジョ王は側室のインビンが作った偽の手紙を見て、クァンヘグンが書いた物だと疑っています。
怒ったソンジョ王はクァンヘグンが何を言っても聞く耳を持ちません。


(photo by: imbc.com


スポンサーリンク


目次

引用:「王宮に連れ戻された光海君は、書簡が捏造されたものであることを訴えるが、宣祖はまったく信じようとせず激怒する。ジョンは臨海君から、光海君が謀逆の罪で厳罰に処せられると聞き、これ以上光海君に迷惑をかけないように自分の身分をわきまえると誓う。」via So-net

第23話のあらすじ(続き)・・・

クァンヘグンを陥れようとしていたインビンは、これでクァンヘグンも終わりだろうと余裕の表情をしています。
クァンヘグンは王の言うとおりにしますと言い、ソンジョ王はクァンヘグンに謹慎を言い渡すのでした。

インビンはそれでは罰が甘いとソンジョ王に抗議するのですが、ソンジョ王は息子の命を奪えというのかと怒るのです。

その頃クァンヘグンの兄のイメグンから、クァンヘグンが罰を受けるという事を聞いたジョンは、クァンヘグンを心配していました。

イメグンはジョンに対して怒鳴るのですが、そこにクァンヘグンが来てジョンを助けます。
そしてこの事にも納得がいかないイメグンでした。

ある日、ジョンが釉薬を作ろうと桃の木を切って来るとそこへユクトが現れ、桃の花はお前の父のウルタムが使ってから禁止になっているのだと怒られます。

師匠のサスンに詳しく聞きたいジョンでしたが、無心でろくろを回せと言われるのでした・・・。

第23話の感想

インビンの作戦にまんまと引っ掛かったソンジョ王、少しはクァンヘグンを信じてくれたらなと思います。
しかし謹慎にした事で、少し子供に対する愛を感じました。
クァンヘグンの為に距離を置こうと決めたジョン、今は修行に没頭するのが先決のようです。

スポンサーリンク

「火の女神ジョンイ」参考情報
公式サイト情報
「火の女神ジョンイ」

火の女神ジョンイ」は、ムン・グニョン(「メリは外泊中」)主演の歴史エンターテイメントドラマ。
朝鮮で初の女沙器匠(王のための器を作る陶工職人・サギジャンと読みます)となった女性のサクセスストーリーです。

【PRムン・グニョン主演、火の女神ジョンイ<ノーカット完全版> DVD-BOX

「火の女神ジョンイ」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button