あらすじ 第27話

第27話

【火の女神ジョンイ第27話・2つの条件】

ユクトが作った器で湯薬を飲んだシンソングンは倒れ、罪を着せられたユクトは囚われていました。

ガンチョンは土下座までして、ジョンにユクトを助けて欲しいと懇願します。
助けてくれるなら何でもすると言うガンチョン。

ジョンはそんなガンチョンに、ウルタムについての真実を言って欲しいと言います。
しかしガンチョンは平気で嘘をつき続けました。

嘘をつくガンチョンに怒ったジョンはその場を立ち去ったのです。


(photo by: imbc.com


スポンサーリンク


目次

引用:「ガンチョンからユクトを助けてほしいと懇願され、ジョンは父にまつわる真実を自白してほしいと迫る。ところが、ガンチョンは平然と嘘をつき続け、怒りを感じたジョンはその場を去る。ガンチョンはムンの元を訪れ、取引をしようとするが...。一方、宣祖に呼ばれた光海君は、過去の郎庁勝負と今回の事件について調査をしたいと申し出る。」via So-net

第27話のあらすじ(続き)・・・

外に出たジョンはテドに会い、ガンチョンは怖い人だとテドに話します。
テドもジョンの言う事に同意し、ガンチョンは怖い存在なのだと言うのでした。

ガンチョンはジョンの師匠のサスンの所へ行き、ジョンを説得してくれと頼みます。

ジョンが帰ってくると、ジョンが計画した事なのかとサスンはジョンに聞きました。
するとジョンはそうです、と答えるのです。

お前は地獄へ進んでいるとサスンはジョンに言い、ジョンは両親がいなくなった時の方がよほど地獄だったとサスンに言うのでした。

一方、クァンヘグンはソンジョ王に呼ばれています。
クァンヘグンは、過去のウルタムとガンチョンの勝負の時の事件と、今回の勝負の事件について調査をしたいとソンジョ王に申し出ました。

ところがソンジョ王は突然、ユクトの刑を執行しろと命令するのです。

第27話の感想

ガンチョンは、息子の為なら何でもすると言ったのに平然と嘘をついている姿は、恐ろしかったです。
しかしジョンがサスンに淡々と話す姿も、たとえ復讐であったにしても、怖い気がしました。
そしてついに暴かれようとしている事実でしたが、ユトクになぜ刑の執行がいきなり言い渡されたのでしょうか。

スポンサーリンク

「火の女神ジョンイ」参考情報
公式サイト情報
「火の女神ジョンイ」

火の女神ジョンイ」は、ムン・グニョン(「メリは外泊中」)主演の歴史エンターテイメントドラマ。
朝鮮で初の女沙器匠(王のための器を作る陶工職人・サギジャンと読みます)となった女性のサクセスストーリーです。

【PRムン・グニョン主演、火の女神ジョンイ<ノーカット完全版> DVD-BOX

「火の女神ジョンイ」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button