あらすじ 第31話

第31話

【火の女神ジョンイ第31話・世子冊封】

ジョンは日本の商人のケンゾウにさらわれてしまいます。

輿に入れられ、輿の中で泣いてしまうジョン。

クァンヘグンは必死にジョンを探し、全ての船着き場を封鎖しろと言うのでした。

テドはファリョンにジョンの居場所を聞きますが、ファリョンは知らないと言います。
ファリョンは、ジョンにはクァンヘグンがいるから大丈夫、ジョンには関わらない方がいいとテドに言いました。


(photo by: imbc.com


スポンサーリンク


目次

引用:「ジョンがケンゾウにさらわれたことを知り、光海君はすべての船着き場の封鎖を命じる。商団を訪ねたテドは、ファリョンの部下を尾行。ジョンが乗せられた輿を発見し、彼女を救い出すが...。一方、ジョンは投獄されたガンチョンに面会し、ウルタムへの謝罪を要求する。」via So-net

第31話のあらすじ(続き)・・・

しかしテドは、命をかけてジョンを守るのだと言います。
ファリョンは涙を流し、どうしてもジョンに勝てないのだと実感するのでした。

そこへファリョンの部下が現れ、問題が起きたと言います。
その様子を見ていたテドは、部下を尾行しました。

ケンゾウの仲間は船がない事にイライラしています。
そこへファリョンの部下がやってきて、他の船を用意しているとケンゾウの仲間に伝えるのでした。

ファリョンの部下を尾けていたテドはジョンを発見し、ジョンを救い出します。
一歩遅れてクァンヘグンもやってきますが、傷を負ったテドはジョンを頼むと言い、ジョンの腕の中で息を引き取りました。

その後、日本軍が釜山浦に上陸します。
日本軍を怖れたソンジョ王は、宮殿と民を捨てて北方へと逃げてしまいました。
クァンヘグンはジョンに一緒に行くように言いますが、ジョンは分院(プノン)に残ると言うのです・・・。

第31話の感想

いつも勝気なジョンが輿の中で泣いている姿には、意外性を感じました。
ジョンに対するテドの熱い想いを再認識したファリョン、その表情は切なかったです。
そしてジョンの腕も中で亡くなったテド、その時のジョンが忘れられません。

スポンサーリンク

「火の女神ジョンイ」参考情報
公式サイト情報
「火の女神ジョンイ」

火の女神ジョンイ」は、ムン・グニョン(「メリは外泊中」)主演の歴史エンターテイメントドラマ。
朝鮮で初の女沙器匠(王のための器を作る陶工職人・サギジャンと読みます)となった女性のサクセスストーリーです。

【PRムン・グニョン主演、火の女神ジョンイ<ノーカット完全版> DVD-BOX

「火の女神ジョンイ」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button