あらすじ 第01話

第01話

【チャン・オクチョン 第1話・偶然の出会い】

オクチョンは芙蓉亭という呉服店を経営していました。

そこに後の王妃となるミン・イニョンがやってきます。
オクチョンは自信を持って服を勧めますが、イニョンは「はしたない」といって気に入らなかったようです。

イニョンが帰ろうとしたところで、一番後ろにいたチェ氏が物を盗もうとしていたのをオクチョンが発見します。
しかし、オクチョンはそれを許し、チェ氏は「あなたみたいになる」と言って店を出て行くのでした。

ある日、オクチョンは自分の経営するお店でファッションショーを開きいたのです。
そこにオクチョンの母が使用人をしている家の婦人が現れます。


(photo by: BSジャパン


スポンサーリンク

ニュース!


目次

引用:「独創的な韓服作りで評判のオクチョン。だが母が奴婢であることが知られ、客が離れてしまう。その頃、王宮では世子妃選びが本格化し、世子イ・スンの母である大妃は偶然を装って候補とスンを会わせようとするが、間違ってオクチョンがスンと出会ってしまう。」via BSJAPAN

第01話のあらすじ(続き)・・・

オクチョンの母は、チェ・サソクという人の家で使用人として働いていました。

そして、ファッションショーの場に現れたチェ・サソクの妻は、オクチョンの母は奴婢(ぬひ)だと言いオクチョンも元々奴婢だったと言い出します。

オクチョンは戸惑い、その後元々奴婢だったことが知られたオクチョンのお店からお客が離れてしまうのでした。

その頃、王宮では世子イ・スンの嬪(ひめ)選びが本格化していたのです。

イニョンを花嫁にと考えていたイ・スンの母である大妃は、偶然を装ってイ・スンと会わせようとしますが作戦は失敗してしまいました。

お寺に向かったイ・スンはオクチョンと出会い、どこかで会った気がする・・・と言うのです。

第1話の感想

まず初めに目を引いたのは、衣装や装飾品の豪華さ・華やかさでした。

3億ウォン(3000万円)を費やした作品というのは、納得です。

オクチョンの実力は群を抜いているのに、奴婢だという理由で才能を発揮できないのは可哀そうでした。

世子イ・スンとの運命的な出会いが、これからどう展開するか楽しみです。

スポンサーリンク

チャン・オクチョン(チャン・ヒビン、張禧嬪)公式サイト及び関連情報

韓国ドラマ、『チャン・オクチョン』

朝鮮の「三大悪女」として知られるチャン・オクチョン(禧嬪張氏、チャン・ヒビン)が主役の壮絶な人生ドラマ。
このドラマでは禧嬪張氏は完全な悪役ではなく、美貌に恵まれた人間性豊かな女性として描かれています。
主演は韓国を代表する女優のキム・テヒ。

公式サイト

【PR】【DVD】チャン・オクチョン DVD-BOX1 初回限定盤

「チャン・オクチョン」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button