あらすじ 第08話

第08話

【チャン・オクチョン 第8話・狙われた命】

重傷を負った粛宗を助けたオクチョン

粛宗は、これは偶然なのか、それともオクチョンが何か企んでいるのかと考え始めます。
粛宗はその事をオクチョンに尋ねると、オクチョンはたまたまここに来ただけだと答えました。

そして母と共に清へ行くのだとオクチョンが言うと、粛宗は寂しさを感じてしまいます。
粛宗は「私の名前はイ・スンという。帰国したら王宮に私を訪ねてこい」とオクチョンに言うのでした。

オクチョンが母と共に逃げている途中、チョ・サソクの妻が放った追っ手が2人を捕まえてしまいます。
チョ・サソクの妻から顔に烙印を押されそうになった所を、チョ・サソクが止めに入りました。


(photo by: BSジャパン


スポンサーリンク

ニュース!


目次

引用:「南人派に襲われ、重傷を負った粛宗を助けたのは母とともに逃避行中のオクチョンだった。だがそのために逃げ遅れたオクチョン母子は追っ手に連れ戻されてしまう。オクチョンは母を助けるため、母の主人、チョ・サソクと大王大妃の誘いを受け、女官になる決心をする。」via BSJAPAN

第08話のあらすじ(続き)・・・

もう逃げられないと知ったオクチョンは、チョ・サソクの誘いを受け女官になることを決意します。
オクチョンは針房(チムバン)への配置を希望しました。

そして王宮に入ったら母を自由にして欲しいとチョ・サソクに言います。
チョ・サソクはオクチョンが王宮で認められれば、母を解放するとオクチョンと約束をしました。

一方その頃チャン・ヒョンは、粛宗とオクチョンが顔見知りであることを思い出し、粛宗とはどういう関係だとオクチョンに尋ねます。
オクチョンは数回会っただけだと答えましたが、2人の間には何かがあると感じたチャン・ヒョンでした・・・。

第8話の感想

人を信じれない粛宗にとってオクチョンは特別な存在になりつつあるようです。

怪我をしていた粛宗をオクチョン達が助けた事で、オクチョン達の運命が大きく変わりました。

オクチョンは、母の為に王宮入りを決意し本当優しい女性のようです。

しかし王宮入りすることで、粛宗とオクチョンの関係が進展しそうで楽しみになりました。

スポンサーリンク

チャン・オクチョン(チャン・ヒビン、張禧嬪)公式サイト及び関連情報

韓国ドラマ、『チャン・オクチョン』

朝鮮の「三大悪女」として知られるチャン・オクチョン(禧嬪張氏、チャン・ヒビン)が主役の壮絶な人生ドラマ。
このドラマでは禧嬪張氏は完全な悪役ではなく、美貌に恵まれた人間性豊かな女性として描かれています。
主演は韓国を代表する女優のキム・テヒ。

公式サイト

【PR】【DVD】チャン・オクチョン DVD-BOX1 初回限定盤

「チャン・オクチョン」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button