あらすじ 第12話

第12話

【チャン・オクチョン 第12話・想いの行方】

大妃はイニョンのために礼服を用意しようとしていました。

そしてオクチョンは礼服を完成させ、ジャギョンはオクチョンにその礼服を着た姿を大妃とイニョンに見せるようにと言います。

ジャギョンも礼服を提出したのですが、オクチョンのデザインを盗んだもので、デザインは同じだったものの、尚宮はオクチョンの服を選びました。
自分の服が選ばれなくて悔しいジャギョンは、仕立てた服は女官が試着して見せるものだとオクチョンをだますのです。


(photo by: BSジャパン


スポンサーリンク

ニュース!


目次

引用:「オクチョンが女官になったと知って動揺する東平君(トンピョングン)。次期王妃として内定しているイニョンの礼服・円衫を作ったオクチョンは同僚のジャギョンに唆され、出来上がったばかりの円衫に手を通してしまう。罰として雨の中で洗濯をするオクチョンに思わず近づいて抱きしめる粛宗。」via BSJAPAN

第12話のあらすじ(続き)・・・

オクチョンが礼服を着て待っていると、大妃とイニョンが現れます。
それを見た大妃は激怒して、イニョンにも嫌みを言われてしまうオクチョン
大妃から思い切り怒られたオクチョンは、洗濯だけをするようにと命じられてしまいます。

雨が降る中、女官たちの嫌がらせにより水の中に落ちた洗濯物を拾っていると、粛宗がそこへ現れました。

オクチョンは、粛宗は手の届かない天のようなものだと粛宗に言います。
それを聞いた粛宗は「手が届かないというのなら崩れて見せよう」といい、水の中に入ってきてオクチョンを抱きしめました。
たまたまその場にきていた東平君は、2人が抱き合っているのを見てひどく動揺してしまうのです。

第12話の感想

ジャギョンの意地悪が始まり、オクチョンが礼服を着た時は誰も来ないことをただ祈るばかりでした。

しかし、大妃に見つかり洗濯だけをするように言われるなんて可哀そうで仕方ありません。

そして、再び女官達からも意地悪され女性の恐ろしさを痛感しました。

そんなオクチョンを救ったのが粛宗、やはり赤い糸で結ばれているのでしょうか?

スポンサーリンク

チャン・オクチョン(チャン・ヒビン、張禧嬪)公式サイト及び関連情報

韓国ドラマ、『チャン・オクチョン』

朝鮮の「三大悪女」として知られるチャン・オクチョン(禧嬪張氏、チャン・ヒビン)が主役の壮絶な人生ドラマ。
このドラマでは禧嬪張氏は完全な悪役ではなく、美貌に恵まれた人間性豊かな女性として描かれています。
主演は韓国を代表する女優のキム・テヒ。

公式サイト

【PR】【DVD】チャン・オクチョン DVD-BOX1 初回限定盤

「チャン・オクチョン」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button