あらすじ 第14話

第14話

【チャン・オクチョン 第14話・ただ一人の例外】

オクチョンを助けようとして、馬に蹴られてしまった粛宗。
粛宗はなんと昏睡状態に陥ってしまいます。

女官の間では、粛宗の思い人がオクチョンであるという噂が立っていて、それを聞いた大妃は大激怒。
大妃はオクチョンを王宮から追放してしまいました。

追放されたオクチョンを救ったのは東平君。
粛宗は、自分に何かあった時にはオクチョンを保護するように、と東平君に命じていました。

無事にオクチョンは保護されましたが、今度はオクチョンの兄のヒジェが激怒します。
妹を悲しませる奴らは許せないというヒジェ。


(photo by: BSジャパン


スポンサーリンク


目次

引用:「馬に蹴られ、昏睡状態に陥った粛宗。その隙に大妃はオクチョンを王宮から追い出し、イニョンを王妃に決めてしまう。だが粛宗は目覚めず、大妃は寒空のもとで水を浴びて祈祷する。その大妃の思いが通じてか、ようやく目覚める粛宗。」via BSJAPAN

第14話のあらすじ(続き)・・・

しかしチャン・ヒョンは、オクチョンは王が救ってくれるからお前は祈祷師を探してこいとヒジェに言ったのでした。

一方大妃はというと、イニョンの父のミン・ユジュンと共に、イニョンを王妃に迎えようという作戦を整えています。
次期王妃として、イニョンに粛宗の看病をさせることにしました。

無事に目覚める粛宗ですが、そこへ東平君がやってきます。

オクチョンは女官をやめて清へ向かったと聞いていた粛宗でしたが、東平君が自分の屋敷でオクチョンを預かっていると言いました。

これを聞いた粛宗はヒョンムを連れて、急いでオクチョンの所へ向かいます。
粛宗は、女性は政治の駆け引きの道具に過ぎないがただ1人例外がいる、と東平君に言っていたのでした・・・。

第14話の感想

粛宗が飛び出したとはいえ、昏睡状態に陥る怪我を負わせたオクチョン

その上、粛宗が好意を抱いていると分かったからには絶対絶命のようです。

しかし粛宗の愛は偉大で、その愛情でオクチョンを救ってくれ安心しました。

とにかく初めて女性を愛した粛宗、とても純愛のようです。

スポンサーリンク

チャン・オクチョン(チャン・ヒビン、張禧嬪)公式サイト及び関連情報

韓国ドラマ、『チャン・オクチョン』

朝鮮の「三大悪女」として知られるチャン・オクチョン(禧嬪張氏、チャン・ヒビン)が主役の壮絶な人生ドラマ。
このドラマでは禧嬪張氏は完全な悪役ではなく、美貌に恵まれた人間性豊かな女性として描かれています。
主演は韓国を代表する女優のキム・テヒ。

公式サイト

【PR】【DVD】チャン・オクチョン DVD-BOX1 初回限定盤

「チャン・オクチョン」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button