あらすじ 第15話

第15話

【チャン・オクチョン 第15話・王宮への野心】

ようやく粛宗と結ばれることができたオクチョン
粛宗はオクチョンを側室に迎えると約束をしました。

その頃イニョンの父のミン・ユジュンは、粛宗が好いているのがオクチョンだということを知って、あらぬ事を企てます。

ミン・ユジュンは、以前インギョン王妃の尚宮だった女官を東平君の家へ行かせて、オクチョンをおびき寄せます。
おびき出されたオクチョンの前にはミン・ユジュンが現れました。

ミン・ユジュンに、清へ行けば命は助けてやると言われたオクチョンはきっぱりと断ります。
王と約束をしたからだとオクチョンは言うのでした。


(photo by: BSジャパン


スポンサーリンク


目次

引用:「ようやく想いを遂げた二人。そこに大妃危篤の報が告げられる。急ぎ王宮に戻る粛宗(スクチョン)。その間にミン・ユジュンはオクチョンを亡き者にしようと画策する。オクチョンの失踪に動揺する粛宗。イニョンは王妃の座と引き換えに、オクチョンを探し出すと粛宗に約束する。」via BSJAPAN

第15話のあらすじ(続き)・・・

それを聞いたミン・ユジュンはオクチョンを倉庫に閉じ込めて、倉庫に火をつけてしまいます。
しかし危ないところを、チャン・ヒョンの手下が来て助けられるオクチョンでした。

やがて意識を取り戻したオクチョンは、ミン・ユジュンを絶対に許さないと誓い、嬪の座を手に入れると決心したのです。

一方王宮では、粛宗とイニョンが駆け引きを行っていました。
私を王妃として迎えてくれたら、オクチョンを側室にするとイニョンは言います。

大妃はオクチョンを追い出してしまうほどオクチョンのことを嫌っていますが、その大妃もイニョンは説得するというのです。
粛宗はこの「取り引き」を受け入れたのでした・・・。

第15話の感想

今までもどかしかった粛宗とオクチョン、やっと二人の心が通じ合い順調に進むかと思っていました。

しかし、オクチョンをよく思っていない人も多く邪魔が入ってしまいます。

いつも命まで狙われるオクチョン、しかしその度に強い女性に変わっていくようです。

一方、イニョン王妃は賢い女性で粛宗の事を心から愛しているようでした。

スポンサーリンク

チャン・オクチョン(チャン・ヒビン、張禧嬪)公式サイト及び関連情報

韓国ドラマ、『チャン・オクチョン』

朝鮮の「三大悪女」として知られるチャン・オクチョン(禧嬪張氏、チャン・ヒビン)が主役の壮絶な人生ドラマ。
このドラマでは禧嬪張氏は完全な悪役ではなく、美貌に恵まれた人間性豊かな女性として描かれています。
主演は韓国を代表する女優のキム・テヒ。

公式サイト

【PR】【DVD】チャン・オクチョン DVD-BOX1 初回限定盤

「チャン・オクチョン」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button