あらすじ 第20話

第20話

【チャン・オクチョン 第20話・新たな陰謀】

母を侮辱されたオクチョンは、大妃の尚宮を頬を叩きます。
隣で尚宮が叩かれているのを見て動揺を受ける大妃ですが、そこでイニョン王妃が大妃の尚宮を殴るとは何事だと叫びました。

しかしオクチョンは、自分より身分の低いものを叱って何が悪いと言い返すのです。

そこに粛宗が現れ、以前オクチョンの母が狩場でオクチョンと一緒に助けてくれたことのお礼を言い、一緒に就善堂(チソンダン)へ行こうと言います。


(photo by: BSジャパン


スポンサーリンク


目次

引用:「母を侮辱されたオクチョンは怒りを露わにする。同じ頃、ミン・ユジュンはチンの力を借りてチャン・ヒョンの商売を潰してしまう。そのチンの正体はオクチョンを育てたカン氏夫人の養子、チスだった。大妃は王妃が粛宗と二人きりになれるよう、陵幸の計画を立てるがオクチョンも同行することに。」via BSJAPAN

第20話のあらすじ(続き)・・・

それが気に入らないイニョン王妃は、私の方がオクチョンより格が上だから私の母に先に挨拶をさせて下さいと粛宗に言いました。
それを聞いた粛宗は軽く会釈をする程度で、その後はオクチョンとオクチョンの母と共に就善堂へ行くのです。

オクチョンはその後、自身の懐妊を医師を通して知ることになります。
オクチョンは、王には自分から話すと医師に言って、その後屋敷を出て行きました。

しかし屋敷から出るところをミン・ユジュンに見られてしまいます。
オクチョンの懐妊を知ったミン・ユジュンは大妃にその事を報告しました。

大妃は、粛宗とイニョン王妃を離宮で過ごさせる計画を立てたのですが、粛宗はそれにはオクチョンを連れて行くと言い出します。
王宮の掟で馬に乗らなければいけないオクチョンは、懐妊しているのにも関わらず馬に乗って出発することになるのでした・・・。

第20話の感想

オクチョンが尚宮の頬を叩いた時はあまりの強さに驚きました。

やはり自分の事なら我慢できるけど、家族の事は我慢出来なかったのでしょう。

そして粛宗からあまり相手にされないイニョン王妃、どんなに悔しかった事でしょう。

ついに妊娠したオクチョン、意地になって馬に乗るなんて少し無謀のような気がします。

スポンサーリンク

チャン・オクチョン(チャン・ヒビン、張禧嬪)公式サイト及び関連情報

韓国ドラマ、『チャン・オクチョン』

朝鮮の「三大悪女」として知られるチャン・オクチョン(禧嬪張氏、チャン・ヒビン)が主役の壮絶な人生ドラマ。
このドラマでは禧嬪張氏は完全な悪役ではなく、美貌に恵まれた人間性豊かな女性として描かれています。
主演は韓国を代表する女優のキム・テヒ。

公式サイト

【PR】【DVD】チャン・オクチョン DVD-BOX1 初回限定盤

「チャン・オクチョン」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button