あらすじ 第21話

第21話

【チャン・オクチョン 第21話・禧嬪張の称号】

オクチョンの乗った馬は突然暴れだし、オクチョンは馬から振り落とされてしまいます。
落馬したオクチョンはなんと流産をしてしまうのでした。

一方粛宗は、オクチョンと一緒に行くことができなかったことを悔やみます。

粛宗は馬に乗りオクチョンのいる所へ向かったのですが、オクチョンは来ていないと聞かされました。
そしてオクチョンが落馬をしたということを聞かされる粛宗。

粛宗は王宮に急いで帰り、オクチョンの部屋へ向かいます。
粛宗がオクチョンの部屋の前に行くと、中からオクチョンが話している声が聞こえてきました。


(photo by: BSジャパン


スポンサーリンク


目次

引用:「粛宗(スクチョン)の子を身ごもったオクチョン。だが馬で陵幸に加わったオクチョンは落馬して流産してしまう。大妃が懐妊の事実を知っていたと聞き、陰謀を感じ取った粛宗はオクチョンを子を産んだも同然として禧嬪(ヒビン)に任じる。オクチョンの流産で危機感を募らせた大妃は、もし子どもを産んだら王妃に渡すとオクチョンに約束させる。」via BSJAPAN

第21話のあらすじ(続き)・・・

その話からオクチョンが流産をしたことを知った粛宗。

粛宗は急いで医師に確認を取り、そして馬の状態を調べさせます。
粛宗にオクチョンのことを問われた医師は、オクチョンの懐妊のことを知っているのはオクチョン本人と大妃だけだと言いました。

それを聞いた粛宗は急いで大妃の所へ向かいます。
オクチョンの懐妊を知りながら馬に乗せたのかと大妃を非難する粛宗。

そして、オクチョンは自分の子供を産んだ事と同じだから、オクチョンを嬪にすると決めた粛宗でした。

慌てた大妃は王宮の掟を持ち出して、側室が産んだ子供は王妃が育てることになるとオクチョンに約束させるのです。

第21話の感想

オクチョンが落馬した時は思わず目を覆いたくなりました。

そして流産してしまったオクチョン、どんなに悔やまれた事でしょう。

妊娠・流産、そして企みを一気に知ってしまった粛宗、いくら母親でもさすがに許す事は出来ないようです。

ますますオクチョンが愛おしくなった粛宗、もう誰にもとめる事が出来ないようでした。

スポンサーリンク

チャン・オクチョン(チャン・ヒビン、張禧嬪)公式サイト及び関連情報

韓国ドラマ、『チャン・オクチョン』

朝鮮の「三大悪女」として知られるチャン・オクチョン(禧嬪張氏、チャン・ヒビン)が主役の壮絶な人生ドラマ。
このドラマでは禧嬪張氏は完全な悪役ではなく、美貌に恵まれた人間性豊かな女性として描かれています。
主演は韓国を代表する女優のキム・テヒ。

公式サイト

【PR】【DVD】チャン・オクチョン DVD-BOX1 初回限定盤

「チャン・オクチョン」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button