あらすじ 第27話

第27話

【チャン・オクチョン 第27話・最高の服】

粛宗は、西人派によって書かれた連判状を理由にして換局を行います。

ミン・ユジュンは刺客を送って粛宗を殺そうと考えていたため、謀反として扱うこともできると粛宗はミン・ユジュンに言いました。

謀反として扱われるとミン・ユジュンの子孫にも悪影響を及ぼすため、粛宗の命令に従うミン・ユジュン。

そしてその後、粛宗はイニョン王妃を廃妃にすると言い出します。
すると西人派の者だけでなく、南人派の皆々までが反対をしました。


(photo by: BSジャパン


スポンサーリンク

ニュース!


目次

引用:「王宮に戻り粛宗(スクチョン)と固く抱き合うオクチョン。王宮は西人派が一掃され、南人派の時代に入る。粛宗は官僚たちの前でイニョン王妃を廃すると宣言する。だが落ち度のない王妃を廃することに南人派さえも反対する。」via BSJAPAN

第27話のあらすじ(続き)・・・

イニョン王妃になんの罪があるのかと、粛宗に問い詰めます。
ミン・ユジュンは、学者達を連れて座り込みまで始めてしまいました。

その後粛宗はイニョン王妃に、イニョン王妃が以前見た夢の話を粛宗にしたということを確認させます。
そしてミン・ユジュンの所へ行き、イニョン王妃は3つの罪を犯していると粛宗は言いました。

イニョン王妃はオクチョンに嫉妬していると粛宗は言い、その夢の話をしたことはイニョン王妃も認めているため、ミン・ユジュンは手も足も出ないのでした。

粛宗の換局は成立し、その後オクチョンが王宮に帰ってきます。

イニョン王妃はユンを抱いていたのですが、そこに粛宗の部下のヒョンムが来て、元子を渡すようにとの王命が下ったとイニョン王妃に言いました。

オクチョンはイニョン王妃からユンを取り戻し、ユンを抱いた姿を見た粛宗はオクチョンを温かく迎えるのです。

第27話の感想

強行突破していく粛宗、愛する力が強すぎて何だか恐ろしくなってきました。

ついにイニョン王妃を廃妃するとまで口にした粛宗、まさか夢の話がきっかけになるなんて思ってもいませんでした。

ユンがオクチョンの元に戻るのは納得ですが、イニョン王妃を廃妃にするのはいきすぎだと思います。

しかし西人派や南人派の皆々が反対しても決して屈しない粛宗、愛は時に人をおかしくするようです。

スポンサーリンク

チャン・オクチョン(チャン・ヒビン、張禧嬪)公式サイト及び関連情報

韓国ドラマ、『チャン・オクチョン』

朝鮮の「三大悪女」として知られるチャン・オクチョン(禧嬪張氏、チャン・ヒビン)が主役の壮絶な人生ドラマ。
このドラマでは禧嬪張氏は完全な悪役ではなく、美貌に恵まれた人間性豊かな女性として描かれています。
主演は韓国を代表する女優のキム・テヒ。

公式サイト

【PR】【DVD】チャン・オクチョン DVD-BOX1 初回限定盤

「チャン・オクチョン」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button