あらすじ 第28話

第28話

【チャン・オクチョン 第28話・募る不安】

イニョン王妃は廃妃されてしまい、王宮を去ることになりました。

そして去り際にオクチョンに言葉を残します。
私はまたここに戻ってくる運命だ、とイニョンはオクチョンに言うのでした。

その後、粛宗は神殿で会議を開いていました。
そこにオクチョンが乗り込んできます。

給仕が仕事の女官を、粛宗の逢い引きの相手だと勘違いしたオクチョンは、女官を叱りつけました。
叱りつけた女官の奥には、粛宗らが会議をしている姿があります。


(photo by: BSジャパン


スポンサーリンク


目次

引用:「必ず王妃に返り咲くという占いを信じて王宮を後にするイニョン。その堂々とした姿はオクチョンを不安にさせる。官僚に据えた南人派の無能ぶりにいらつく粛宗は再度の換局を考え始める。一方チスは政治資金を援助する名目で粛宗に近づいていた。」via BSJAPAN

第28話のあらすじ(続き)・・・

庭に出て、間違いを犯したことに反省するオクチョン。

そのオクチョンの所へ東平君がやってきます。
東平君はオクチョンに、王とユンがついているからもう心配しないで下さいと言いました。

その様子を粛宗は遠くから見ていて、今度は粛宗が嫉妬をする事になるのです。

一方、毒入りの夜食事件で、実際に毒を盛った女官を町でオクチョンの兄のヒジェが見つけます。

都を離れるようにと命じたはずの女官がいることに不安を感じたヒジェは、女官を追いかけました。
その様子を見ていたチスは何かがあると思い、その元女官を自分の所へ連れて帰ります。

そして、その元女官から色々と話を聞き出すチス。
その後チスは王宮を訪れ、粛宗とオクチョンの前で元女官から面白い話を聞いたと言うのでした。

第28話の感想

少し気が弱いのではないかと思っていたイニョン王妃でしたが、王宮をさる時にオクチョンを見つめる瞳には強さを感じました。

しかしあんなに愛されているオクチョンでさえも、女官に嫉妬するなんてやはり女心は難しいです。

と思っていたら今度は粛宗が東平君に嫉妬し、愛するが故恋愛には不安がつきのもなのかも知れません。

また蒸し返されようとしている毒入り事件、オクチョンは大丈夫なのでしょうか。

スポンサーリンク

チャン・オクチョン(チャン・ヒビン、張禧嬪)公式サイト及び関連情報

韓国ドラマ、『チャン・オクチョン』

朝鮮の「三大悪女」として知られるチャン・オクチョン(禧嬪張氏、チャン・ヒビン)が主役の壮絶な人生ドラマ。
このドラマでは禧嬪張氏は完全な悪役ではなく、美貌に恵まれた人間性豊かな女性として描かれています。
主演は韓国を代表する女優のキム・テヒ。

公式サイト

【PR】【DVD】チャン・オクチョン DVD-BOX1 初回限定盤

「チャン・オクチョン」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button