あらすじ 第31話

第31話

【チャン・オクチョン 第31話・民心】

オクチョンは粛宗に言われたことを素直に反省します。
そして、尊敬される王妃として生まれ変わろうと決意をするオクチョンです。

オクチョンの決意を聞いた粛宗は、私からは決して手を離すことはない、とオクチョンに言います。
オクチョンから手を離さない限りは、決して手を離さないと粛宗は言うのでした。

その後、粛宗は東平君に役職を与える事にします。

不正の温床になっているという恵民署に頭を悩ませていた粛宗は、東平君に恵民署を任せることにしました。
東平君も役目をきっちり果たしますと粛宗と約束をします。


(photo by: BSジャパン


スポンサーリンク


目次

引用:「尊敬される王妃として生まれ変わろうとするオクチョン。粛宗(スクチョン)もそんなオクチョンを応援する。ところがその矢先、市中には廃妃とオクチョンを揶揄する小説が出回り、人気を博していた。そんな中、オクチョンは手の足りない惠民署に女官を連れて手伝いに向かうが、西人派に買収された民衆から罵倒され、激しい衝撃を受けるのだった。」via BSJAPAN

第31話のあらすじ(続き)・・・

東平君は恵民署で働くことになるのですが、真面目にやればやるほど手が足りないのだという事を粛宗に申し出ました

すると粛宗は、オクチョンに女官を貸してくれないかと促します。

オクチョンは、私が女官達を連れて恵民署へ行きますと言います。
自ら申し出るオクチョンを、粛宗は誇らしげに見ていました。

オクチョンは恵民署へと出向きます。
しかしそこには廃妃イニョンの姿が。

恵民署の民衆はみんなでオクチョンを非難します。
民のためを思ってやってきたオクチョンには、思いがけない仕打ちでした。

そこへ粛宗が現れ、王妃が何をしたというのだ、と言う粛宗。
そして粛宗はオクチョンを王宮へ連れて帰るのでした・・・。

第31話の感想

どんな事があっても、決して心が離れることのない粛宗とオクチョン、本当の愛を感じました。

そんな二人をいつも傍で見ている東平君、胸がしめつけられている事でしょう。

そしてせっかく変わろうと努力していたオクチョンが避難される姿は、とても切なかったです。

粛宗がオクチョンを連れだす時は、少し大人げなく感じました。

スポンサーリンク

チャン・オクチョン(チャン・ヒビン、張禧嬪)公式サイト及び関連情報

韓国ドラマ、『チャン・オクチョン』

朝鮮の「三大悪女」として知られるチャン・オクチョン(禧嬪張氏、チャン・ヒビン)が主役の壮絶な人生ドラマ。
このドラマでは禧嬪張氏は完全な悪役ではなく、美貌に恵まれた人間性豊かな女性として描かれています。
主演は韓国を代表する女優のキム・テヒ。

公式サイト

【PR】【DVD】チャン・オクチョン DVD-BOX1 初回限定盤

「チャン・オクチョン」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button