あらすじ 第32話

第32話

【チャン・オクチョン 第32話・廃妃】

オクチョンの兄のヒジェは、淑媛(スグォン)チェ氏の所へ間者をもぐりこませていました。
そこでヒジェの間者は、淑媛チェ氏が懐妊したという話を聞きます。

その話を聞いたヒジェは、淑媛チェ氏を殺す事を考えました。
ヒジェは毒薬を買いに行き、その毒薬を淑媛チェ氏の実家から届いた物だと言えと女官に言いす。

淑媛チェ氏はその甘酒に似せた毒薬を、毒味もせずに一気に飲み干し、淑媛チェ氏は倒れてしまいました。
女官達は捕らえられ、ヒジェの命令を受けた女官は、ヒジェに命じられたと白状してしまいます。

そして学者や西人派からは、オクチョンの廃妃と廃妃イニョンの復位の要求が来ました。
しかしこの2つにはなんの関係もないと怒る粛宗。


(photo by: BSジャパン


スポンサーリンク

ニュース!


目次

引用:「チャン・ヒョンは粛宗を脅迫してついに国舅の地位を手に入れる。だがその直後、チスに買収された部下の手に掛かって命を落す。一方王宮では、懐妊したというチェ淑媛(スグォン)を狙った毒物事件が起きていた。だがすべては西人派の策略によるものだった。」via BSJAPAN

第32話のあらすじ(続き)・・・

オクチョンは粛宗に、私の手を離して下さい、と言います。
私を廃庶民にしてくださいと。

粛宗は困り果て、牢にいるヒジェの所へ行きます。

ヒジェに詳細を尋ねると、自分には身に覚えがないというヒジェ。
それを聞いた粛宗は、これはチスの仕業ではないかと思いつきます。

チスは、オクチョンの毒入り夜食事件で、実際に毒を盛った女官を粛宗に差しだそうとしていました。

粛宗はチスに会いに行き、オクチョンとは旧知の仲だったのかと聞きます。
チスは、そうではない、チャン・ヒョンに復讐をしたいのだと言いました。

そして、これ以上私に近づくとただでは済まない、とチスに警告をする粛宗だったのです。

第32話の感想

いくらオクチョンを守るためだとはいえ、ヒジェの取った行動はやり過ぎです。

しかもその事で、オクチョンが窮地に追い込まれる事になる事を考えなかったのでしょうか。

オクチョンが、粛宗に私の手を離して下さいと言った時の表情は、覚悟を決めたようでした。

粛宗は果たしてオクチョンを守り抜く事は出来るのでしょうか。

スポンサーリンク

チャン・オクチョン(チャン・ヒビン、張禧嬪)公式サイト及び関連情報

韓国ドラマ、『チャン・オクチョン』

朝鮮の「三大悪女」として知られるチャン・オクチョン(禧嬪張氏、チャン・ヒビン)が主役の壮絶な人生ドラマ。
このドラマでは禧嬪張氏は完全な悪役ではなく、美貌に恵まれた人間性豊かな女性として描かれています。
主演は韓国を代表する女優のキム・テヒ。

公式サイト

【PR】【DVD】チャン・オクチョン DVD-BOX1 初回限定盤

「チャン・オクチョン」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button