あらすじ 第33話

第33話

【チャン・オクチョン 第33話・祈祷】

廃妃イニョンは、復位して再度イニョン王妃となります。

王宮へ向かうイニョンを見送るミン・ユジュン、しかしその後ミン・ユジュンは倒れてしまうのでした。

オクチョンはユンに別れを告げて、就善堂(チソンダン)へ向かいます。
その途中、イニョン王妃と出会いました。

同じ所で淑媛チェ氏とも出会うことになります。
オクチョンはイニョン王妃にお祝いを言うのですが、私の言うとおりになっただろうというイニョン王妃。
しかしオクチョンは就善堂に戻るだけだと言います。


(photo by: BSジャパン


スポンサーリンク


目次

引用:「イニョン王妃が復位する。オクチョンは禧嬪(ヒビン)として王宮に留まることを許される。王宮は新たな換局によって、西人派から分かれた老論派と小論派が対立していた。そんな中、ミン・ユジュンの死が知らされる。その直後、王妃が倒れ、さらには世子ユンまで痘瘡に罹ってしまう。」via BSJAPAN

第33話のあらすじ(続き)・・・

廃妃はされたものの、王の寵愛を受けるために側室に降格しただけだと言うオクチョン
オクチョンはその場を去りますが、今度は淑媛チェ氏がイニョン王妃に挑発するような言葉を送るのでした。

その後オクチョンは、兄のヒジェが起こしたチェ氏毒殺未遂事件について考えています。

イニョン王妃から、淑媛チェ氏が毒味もさせないで甘酒と見せかけた毒薬を一気に飲み干したということを聞いたオクチョンは、淑媛チェ氏が妊娠などしていないと気づきました。

そしてオクチョンは淑媛チェ氏を就善堂に呼びだして、私は王の子をたくさん産んでみせると宣言したのです。

一方、イニョン王妃は粛宗と散策に出ている途中で、胸を押さえて倒れてしまいます。
そして、世子ユンまでも疱瘡(ほうそう)にかかってしまうのでした。

第33話の感想

ユンと別れる事となったオクチョン、これほど辛い事はないでしょう。

粛宗を巡って繰り返される女の戦い、粛宗の気持ちは揺れ動くのでしょうか。

そして毒殺未遂事件の真相に迫るオクチョン、どのように暴いていくかが楽しみです。

一方、イニョン王妃とユンの病気が気になります。

スポンサーリンク

チャン・オクチョン(チャン・ヒビン、張禧嬪)公式サイト及び関連情報

韓国ドラマ、『チャン・オクチョン』

朝鮮の「三大悪女」として知られるチャン・オクチョン(禧嬪張氏、チャン・ヒビン)が主役の壮絶な人生ドラマ。
このドラマでは禧嬪張氏は完全な悪役ではなく、美貌に恵まれた人間性豊かな女性として描かれています。
主演は韓国を代表する女優のキム・テヒ。

公式サイト

【PR】【DVD】チャン・オクチョン DVD-BOX1 初回限定盤

「チャン・オクチョン」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button