あらすじ 第35話

第35話

【チャン・オクチョン 第35話・愛を守るために】

粛宗は、朝廷でオクチョンの自害を命じます。
しかし粛宗には考えがあり、オクチョンを逃がす計画を立てていました。

東平君は粛宗の計画を知らず、オクチョンの死を命じた事に対して説得を試みています。
オクチョンを失ったら粛宗はだめになってしまうのではないか、そう配慮した東平君の説得でした。

一方、淑媛チェ氏はオクチョンの前に現れ、オクチョンにこう警告されます。
賤民が高見を目指すのであれば、必ずしっぺ返しが来る。
そして賤民が王妃になるのを簡単に許すほど朝廷は甘くない、とオクチョンは言うのでした。


(photo by: BSジャパン


スポンサーリンク


目次

引用:「追いつめられる粛宗(スクチョン)。世子を守るために粛宗はついにオクチョンに自尽を命じる。それを知ったチスはなんとかオクチョンを助けようと、キム・マンギの懐柔を試みるが失敗に終わる。粛宗もまた人知れずオクチョンを助けるために、ある計画を練っていた。」via BSJAPAN

第35話のあらすじ(続き)・・・

粛宗は、オクチョンの母のユン氏に計画の内を明かします。
そしてチスに、オクチョンをさらって逃がすようにと命じるのでした。

法要に行くために王宮から出発するオクチョン。
そこへ粛宗が駆けつけ、私はオクチョンの手を離してしまった。決して私を許すな、そういった粛宗に対して微笑み返すオクチョン。

法要の寺へ到着したオクチョンは気を失わされます。

しかし意識を取り戻したオクチョンは、自分を逃がした粛宗の立場が悪化すると考え、王宮へ戻ると言い出しました。

私の死に場所は王の側だ、オクチョンはそう言って王宮へ戻っていき・・・。

第35話の感想

粛宗がオクチョンに自害を命じた時は、粛宗を見損ないました。

しかし先をきちんと考えていると分かった時、改めて純愛を感じました。

粛宗とオクチョン、相手を愛するばかりに相手の事だけを考える二人には心打たれます。

そして最後、二人の運命が気になるところです。

スポンサーリンク

チャン・オクチョン(チャン・ヒビン、張禧嬪)公式サイト及び関連情報

韓国ドラマ、『チャン・オクチョン』

朝鮮の「三大悪女」として知られるチャン・オクチョン(禧嬪張氏、チャン・ヒビン)が主役の壮絶な人生ドラマ。
このドラマでは禧嬪張氏は完全な悪役ではなく、美貌に恵まれた人間性豊かな女性として描かれています。
主演は韓国を代表する女優のキム・テヒ。

公式サイト

【PR】【DVD】チャン・オクチョン DVD-BOX1 初回限定盤

「チャン・オクチョン」あらすじ全話表



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button