あらすじ 第35話

第35話

【チャン・オクチョン 第35話・愛を守るために】

粛宗は、朝廷でオクチョンの自害を命じます。
しかし粛宗には考えがあり、オクチョンを逃がす計画を立てていました。

東平君は粛宗の計画を知らず、オクチョンの死を命じた事に対して説得を試みています。
オクチョンを失ったら粛宗はだめになってしまうのではないか、そう配慮した東平君の説得でした。

一方、淑媛チェ氏はオクチョンの前に現れ、オクチョンにこう警告されます。
賤民が高見を目指すのであれば、必ずしっぺ返しが来る。
そして賤民が王妃になるのを簡単に許すほど朝廷は甘くない、とオクチョンは言うのでした。


(photo by: BSジャパン

続きを読む